FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2019年10月10日(木)どんなもんヤ!25周年記念特番【13】


どんなもんヤ!25周年記念特番
『Youたち25年もやってたの!?KinKi Kidsどんなもんヤ!四半世紀スペシャル』


アツヒロくんゲスト、そして東山さんの乱入を回想したあと
さらにゲストを思い出してます




光「2001年、同じ2001年5月には吉田拓郎さんも登場してる」
剛「拓郎さんも登場していただいてる」
光「へぇ~~~。13年には、僕一人の回だったんですけど、竹内まりやさん」
剛「すごいね、まりやさんも」
光「これは覚えてるわ、さすがに」
剛「ほんと~」
光「でもなんかやっぱり、お話させてもらうと、あ、すごく少年の我々から、すごく見てくださってたんだな・・っていう話をね、いい話をたくさん聞けた覚えがありますね。2015年6月と10月には、私の回に内と、ふぉ~ゆ~が登場したと。ちょっとこれは覚えてないですね。で、2015年12月には武田真治くんと岡部磨知さんが乱入、これ覚えてるわ」
剛「ああ、サックス持ってやってきた・・」
光「あっちの・・あっちのスタジオやわ」
剛「はいはい」
光「サックス持って入ってきたけど、一切サックス吹かせないっていう、ふははははは(笑)アレおもろかったなあ」
剛「なるほどね」
光「ただ単にほんとに通りがかったんでね」
剛「うん、嬉しいよな、そうやって通りがかったのにちょっとひゅっと寄ってくれるみたいなん」
光「そうね。さらに過去を遡ると、さっきもちょっとお話しましたけど、TOKIOのね、太一くんとかも乱入して」
剛「はい、リーダーとか」
光「あとV6のイノッチ、TOKIOのリーダーが乱入してきてくれたと」
剛「嬉しいね、みんなこうやってちょっと、どう?やってんの?みたいな感じでね」
光「ほんとね。ありがたいですね」
剛「ありがたいです」


ちなみに拓郎さんが登場したのは、2001年5月じゃなくて
4月23日(月)から26日(木)でしたよ。
剛さん一人の週でした。





光「はい、そして、この方の名前もほんとに番組ではよく出てるんですけども、ジャニーさん」
剛「はいはいはい」
光「これ、ジャニーさんにまつわる音源?」
剛「すごいね」
光「まとめて聞いていくの?・・今、もう君以外愛せないかかりはじめたばっかりやのに。んふふふふ(笑)ジャニーさんの話をしてる音源がたくさん送ってもらってると」
剛「ああ、あるんですね。嬉しいねえ」
光「あ、そう」
剛「ダイジェストにしちゃったのね」
光「マジか」
剛「ちょっと聞いてみようよ」
光「じゃ、聞いてみましょう」
剛「うん」


**************

剛「そのハガキもどんどん、持ってきてくれ。ですね、(ここからジャニーさんのマネ)はい、採用の方にはいつでも自分らしく生きるための必需品、スッピングッズをプレゼントします、あて先は郵便番号160-02文化放送KinKi Kidsどんなもんヤ!素肌美人の木曜日まで」
光「ぎょうさんください」
剛「いっぱいくださーい」

(光「ジャニーさん渋滞してる(笑)」)

======

光「KinKi Kids堂本光一です」
剛「堂本剛です・・あ、あ・・」
光「何焦ってんの(笑)」
剛「はやく、しゃべっちゃって」


剛さんがジャニーさんでした


=======

>はい、もしもし


光「熱いお茶ください!

>はい?!

剛「あの、この前のお見合いの件なんですけど」
光「ちょっと、お見合いしたじゃない!」
剛「なんで、オマエとすんねん(笑)」
光「ぼ・・僕・・ちょっ・・・」
剛「ちょお待て、オマエ、焦るな焦るな、そんなん」

光一さんがジャニーさんになってます

========

剛「琵琶湖のプリンス、さきちゃんですね。結局のところ誰がマネするジャニーさんが一番似ているのか」
光「あ~~」
剛「これはもう、オレに決まってる」
光「オレに決まってる」
剛「だって、電波に思い切ってぶっこんだん、オレですからね」
光「ん・・まあ・・」
剛「いうときますけど」
光「うん」
剛「オレだって、ジャミーさんってキャラを日テレさんでもやらせていただきましたし。テレ朝さんでも、やらさせていただいてますから」

(剛「やったなぁ」)

光「ああ、昔のコントで実はやってるね、君」
剛「やってますよ、僕紙袋持って」
光「やってるねえ(笑)」

(剛「許可もとってない」)

剛「やって意外と怒られなかったんですから」
光「あれジャニーさんっていうふうに言わんでやったもんな」
剛「そうそう。あれは一応ジャミーさんね」
光「今思うとすごいな」
剛「あれは、LOVELOVEあいしてる当時のスタッフの人たちが見た時に、やったな、あいつってことで。やっちまったなっていうことで、結構デスクは騒がれたって話でしたね」
光「もろジャニーさんやもん、あれ」
剛「んふふふふふふ(笑)」
光「もろやもん」
剛「もろですからね」
光「まんまや」
剛「だってジャニーさんがリビングに向かうまでの足音の物まねはオレが一番うまいですから」

(剛「今でも出来んちゃうか」)

光「アレはな、あの足音はな」
剛「あれはほんと誰もコピーできないです。それでみんな何分かジャニーさんがそこに立ってると思いながら、みんなゲームしてて、パって振り返ったら、お~~びっくりしたぁ~~・・なに言ってんのYOUたち」

(剛「その時服着てたから、ジャニーさんのパジャマ」)

剛「・・っていう、それをやるのをね、楽しみに」
光「合宿所で」
剛「合宿所でね(笑)することがなかったんです」

(剛「そういうことばっかりやって」)


==========

剛「岡山県のブラックベリーさんです」

(剛「んふふ(笑)むちゃくちゃしゃべるやん」)

剛「『KinKi Kidsお二人が桃太郎の物語に登場したらやっぱり桃太郎は剛くんだと思います。それでサルはタキツバの翼君で犬は光一君で、キジは私の友達のまゆちゃんで、鬼はだれがいいですか?』やっぱ鬼はねえ、悪役を演じる人って意外にいい人じゃないですか。ここはやっぱり、申し訳ない、ジャニーさんでしょ」
光「ああ・・」
剛「赤ジャニー、青ジャニー、黄ジャニーがね」

(剛「んふふふ(笑)ひどいね(笑)」)

剛「食べちゃいなよって、みんな言うから」
光「黄色っていたっけ」
剛「ちょっと記憶には、ちょっとよくないんですけど(笑)」
光「それ信号やろ、それ」
剛「ん~、信号なんだよ~~っていうギャグとかを、ジャニが島で」

(光「ひどいね(笑)」)
剛「ジャニが島(笑)」)

光「ジャニが島ね」
剛「うん」
光「いいですね、ジャニが島」
剛「で、きびだんごじゃなくて・・そんなん食べてないでステーキ食べる?・・っていって」
光「きびだんごじゃダメだよ」
剛「だめだよ、栄養つかないよって言って、ジャニが島で、なんかステーキとか、えらい魚とか食べさせてもらって、仲良く暮らしたとさ、やな」
光「いいですね」
剛「うん、退治せーへんで」
光「いいですね」
剛「ジャニが島(笑)」

(剛「ああ、ジャニが島、確かになあ」)

***************


剛「いやあ、ひどい」
光「ひどいな」
剛「青ジャニー、赤ジャニー、黄ジャニー」
光「なぜか黄ジャニーが出てくる」
剛「すごいねえ、信号やないか・・・信号なんだよ」
光「ふはははははは(笑)」
剛「あはははは(笑)なんちゅー話なん、これ」
光「すげぇ会話」
剛「ひどいなあ、これジャニーさん、今天国で、こんな放送してたんかって今思ってるよなあ」
光「いやあ・・」
剛「やめてよ、でも・・いい話だねえ」
光「でも、当時は、もちろんジャニーさんがいなくなるなんて思ってもいなくてしゃべってたわけで」
剛「思ってなかったからねえ」
光「まあでも、スタンスはね、今も変わらないですけどね。なんかあれば、ジャニーさんのマネ、やっぱ出てきちゃうし」
剛「出てきちゃうね」
光「うん」
剛「いや、ほんとに、やり倒したもんな、ジャニーさんの物まねは」
光「どれだけ、愛される人だったかっていうのがね、伝わるんじゃないかなと思いますけどね」


剛「ね。えーっとですね、ラジオネームうみさんなんですけど『私のどんなもんヤ!の思い出』ということで剛さんがジャニーさんのお話で、YOU冷蔵庫のアボカド食べちゃダメだからね。なんで?と剛さんが聞くと、アボカドはくりぬいた種のところにポン酢を入れて食べると美味しいんだよ、と話をされていて、初耳でそれからアボカドはポン酢で食べちゃってます』という」
光「ほんとに?」
剛「そうなの」
光「美味しいの?」
剛「美味しいです」
光「へぇ~~~」
剛「で、子供は、なんかカロリーとか?がちょっと高いから、子供は食べちゃダメみたいな(笑)なんか、感じの話で」
光「あ~~、ちょっと灰汁が強そう・・わかんないけど」
剛「そうそう、うん、で、先日も僕ちょっと話したんですけど、アボカド醤油で食べたらマグロの味がするんだよ・・っていうのもジャニーさんからいただいた、アボカドジャニーさん伝説ですね」
光「なるほど」
剛「うん。そうそう。これなんか覚えてんのよな、寮で」
光「オレは、もう、ほんとによく覚えてるのは、アレだわ」
剛「ステーキか」
光「ステーキ食べたの誰!ってすごい怒られた。ああ、オレ食べたって・・どうやって、食べたの!ってすごい追及されて」
剛「んふふふふ(笑)」
光「いや・・焼いて、タレかけて・・そんなまずい食べた方して!!」
剛「んふふふふふふ(笑)」
光「ふふふふふふ(笑)いや、別に美味しく食ったけどみたいな(笑)」
剛「ふふふ(笑)ジャニーさんは、だから最高級のお肉やから、そういう食べ方じゃなくて、こう食べた方が美味しいねん」
光「そうやねん、ジャニーさん、やっぱね、塩コショウとニンニクをこう・・いいバランスでやるのが、好き」
剛「ジャニーさんが、焼肉とかさ、うなぎとかさ、好きなやつあったやん、ジャニーさんの」
光「ありましたね」
剛「だから、最近よく食べるようになったな」
光「あぁ~~、また」
剛「なんか食べよかなと思った時に、何食べたいかもわからへん日とかあるやん」
光「あぁ~」
剛「じゃあ、ジャニーさんうなぎ好きやったから、ちょっとうなぎ食べよかなあ、とか」
光「それこそ病室でみんなそれやってたからね」
剛「やってたからね。なんかお肉食べよかなあとか」

光「何?・・・どうした・・・あ、メジャーがうるさい、ごめんごめんごめん。ホットケーキメジャーがうるさいって」

いよいよスタッフに注意されましたか。
うん、ずっとその音、気になってました(笑)


剛「あ、めちゃめちゃ・・そんなに?いやいや、光一さんが武器かのように」
光「ごめんごめん」
剛「ネビラチェーンみたいに」
光「そうそう(笑)オレのネビラチェーン状態になって。いや、あの・・スケバン刑事みたいになって」
剛「なってたから。あさおかサキ」

え?麻宮サキだよね?言い間違い?

光「世代的にわからんから」
剛「おまんら・・許さんぜよ」
光「ふふふふふ(笑)いや、なんで・・・なんで、スケバン・・スケバンジャニーやん、あっはっはっはっは(笑)」
剛「んふふふふ(笑)おまんら、ゆるさんぜよ」
光「スケバンジャニー」
剛「麻宮サキ?知らないよ、ジャニーだよ」

あ、麻宮になったわ。いや、ジャニーさんだったけど(笑)

光「いやあ、でもね」
剛「スケバンジャニーね」
光「いやあでも、ほんとになんか、なんやろ、ジャニーさんトークになってますけど、ちょっとね、つい先日まで大阪でSHOCKをやってて、やっぱりね、ステージ立ってると近くにジャニーさん感じたりとかね」
剛「うんうんうん」
光「なんかそんな瞬間があったりとか」
剛「うん」
光「やっぱり一緒に作り上げてきた舞台だったんでね」
剛「瞬間的になんかね」
光「そう。ああ、このシーン、ジャニーさんとめっちゃケンカしたなあ、とか」
剛「ああ、それはあるか!」
光「そうそう」
剛「シーンの」
光「シーンでね、シーンごとに。このシーン、ジャニーさんとケンカしたなあとか、ちょっとね、もちろん演じてる最中なので、私情を出しちゃいけないなと思いつつも、なんか色んな複雑な気持ちに」
剛「気になるね、うん」
光「しましたねえ。まあでもそれだけ我々の心の中でまだ生きてるっていうね」
剛「うん」


ああ、なんかしんみりしちゃうなあ・・・と思いながら続く

| 25周年記念特番 | 15:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT