FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2019年10月10日(木)どんなもんヤ!25周年記念特番【14】

どんなもんヤ!25周年記念特番
『Youたち25年もやってたの!?KinKi Kidsどんなもんヤ!四半世紀スペシャル』



ジャニーさんは我々の中でまだ生きてる・・という話をした光一さん


光「ええ、そんな・・何をいい話にしようとしてんだ!」
剛「最初は何の話してた、これは・・」
光「あの・・おっぱいの形の話とかしてた、あははははは(笑)」
剛「ひどいなあ、最後ちゃんとしてればいいみたいな感じにしようとしてる感じ」
光「もうね、あの、終わりが近いんです」
剛「近いですね」
光「番組も」
剛「あと10分?!あっという間やね、やっぱ2時間ってね」
光「2時間あっという間ですね」
剛「まあ、でもこのラジオ振り返ることで、ちょっといろいろ当たり前ですけど、思い出しながら」
光「いや、なんかさ、反省も出来たし、かといって、今後じゃあ、この番組がすごくいいトークになるかっていうと、それはないと思う」
剛「うん、ちょ、それはないかも」
光「ふははははは(笑)」
剛「うん」
光「だって、気持ち悪いやろ!急に・・」
剛「ただ、まあ一個思ったんは、音質的な問題はあるかもしれへんけど、自由度っていうかさ」
光「あるといいよねえ」
剛「うん、やっぱり収録の合間で録ってますとか、収録のあととか移動中に録ってますとか、例えばなんかライブの楽屋で録ってますとか」
光「こればっかりはでもほんとに、大きな‥色んな規約の問題もあるだろうからね。難しい部分とは思うけど、なんか色んなことが出来るといいなっていう感じは」
剛「そうですね」
光「あるのかなあ」
剛「やっぱそういうことも、ちょっと改めて思ったな。あと作曲ズドーンズドーンズドーンが意外と良かったな」
光「良かったですね」
剛「あれ良かったよ」
光「やっぱり」
剛「あれ超えられへんやろな、でも、桃は」
光「桃なぁ、あれ名曲やわなあ」
剛「すごかった」

そのうちほんとにカップリングとか、アルバムとかに
入れそうな勢いですね、桃(〃∇〃)






光「はい、さ、というわけで残すはいよいよエンディングだけとなります」
剛「はい」
光「というわけで、番組内でかける曲は、これ最後の1曲になりますね。はい、お聞きください。KinKi Kidsで、KinKi Kids foreverです」


『KinKi Kids forever』


CMあけ、いつものお別れショートポエムのBGMが流れてます。


剛「それでは、お別れショートポエムの時間です」
光「はい、お別れショートポエム」
剛「青森県ぐじゃこさんのポエムです」
光「1枚しか読まれへんからね、今日来た中で」
剛「『遠距離恋愛中の彼がサプライズで会いにきてくれた。出先でたまたま私の友人に会い、初めましてと彼が自己紹介を始めた。お付き合いしています、○○の彼氏です、以後おしりみきお、と真面目に頭をさげた。おしりみきおって誰やねん』という・・おしりみきお、いい名前ですねえ」
光「ちょっともう少し間違えれば大沢樹生やったですけどね」
剛「んふふふふ(笑)」
光「ごめんなさい、大沢さん、ごめんなさい」
剛「んふふふふ(笑)いいですねえ」
光「おしりみきお」
剛「おしりみきおって誰」
光「お見知りおきをですねえ」
剛「誰やねんというツッコミがあったという友人に対しての」
光「これ、どんぐらい来たの?お別れショートポエム」
2人「いっぱい来た?!」

す・・すごい!見事なユニゾン!!鳥肌もんやわ
文言もタイミングも全く同じ
知ってたけど!知ってたけど、怖い(爆)



剛「そうか~」
光「どんぐらい来た?実際問題」
剛「うおおお!そんなに?!」
光「えっ?!そんな来た?!」
剛「うわーーーーー」
光「うっそぉ」
剛「うわー、そのポエムを・・そのポエムをなしにするのは、なかなか心苦しいね」
光「そんなに来て、選ばれたのが、おしりみきお?」
剛「これ?おしりみきおなんや」
光「ひゃはははは(笑)なんやねん」
剛「うわ、すげぇなあ、エンディングに対してあんだけ来たんや」
光「ほんまかぁ」
剛「ありがとうございます」
光「いやあまあ、そろそろ終わってしまうんですけどね、あの、オレ、最後の最後にぶっこむからな。3時間の放送の、感想 ってことなんですけど、ほんとにメールが、ほんとに見せてもらった」

放送は、2時間ですよ・・

剛「なん・・どれぐらいやろ」
光「すごい量、何センチ?」
剛「それこそこれで計ってよ」
光「ああ、ほんまや」
剛「ネビラチェーン」
光「あと3分もないけどな」
剛「ネビラチェーンで、何センチ?」
光「というわけで、計っといて。今夜放送で、メール紹介させていただいた方にクレンジングバームDUOと私達が表紙をつとめた月刊フクミミ1月号のいずれかをプレゼントしますので、届くのを楽しみにしていてください。10センチ?」
剛「20センチ」
光「20センチ!!すごいですね」
剛「分厚いで」
光「そして、KinKi Kidsどんなもんヤ!は来週から26年目に突入していつも通り放送は続いていきます。来週も2人でのどんなもんヤ!でございます。はい。放送時間は毎週月曜日の深夜0時過ぎから、是非またね、来週からも、ま、今までのテンションと変わらず・・」

W「失礼します」

光「なんや」

W「すいません、お疲れ様です」
W「すいません、急にごめんなさい、ほんとにエンディングのギリギリで。ジャニーズWESTと申します」


剛「あ、いやいや、もう、出て行ってもらって・・」
光「まだ本番中やから」

W「違う違う!わかってます!」
W「すいません」


光「なんやねん、それ、思いっきり胸に、Hってかいて、やらしいなあ~~」

W「そういう意味で着てきたんじゃないです!!」

剛「下品なTシャツ着て~」
光「やらしいなぁ~~」

W「すいません、ジャニーWESTです」

光「ちょっと、しゃべってて。そして、文化放送では、このあと夜10時から関西の後輩ジャニーズWESTのレコメン、こちら生放送でお送りします」

W「ありがとうございます!」

光「え?その中でどんなもんヤ!は、やんの?また?・・・あ、そっか、ごめんなさい、自分の番組何曜日にやってるか把握してない。何曜日にやってるつった?(笑)オレさっき言ったな・・月曜日にやってんのか」
剛「月曜日か」

W「こっち木曜日で」

光「あ、YOUたち、木曜日やってるのね、これから生放送なんだ」

W「これから3時間生放送」

光「3時間?!」

W「1時まで。もしよければ」

剛「いやいや、いいですいいです」

W「いや、いいじゃないですか」

剛「いや、帰るよ、そりゃ」

W「いや、お願いしますよ~、ちょっとだけ、オープニングだけ」

剛「帰るって。なんでなん?」
光「いや、帰るよ、すぐ。何時から?何時から?」

この後夜10時から・・ってさっきアナタが告知されましたけど
この先輩ほんとヒドイなw


W「えっと、この終わりすぐです。10時、22時から」

光「あ、そうなん。でも帰る」
剛「帰る帰る」

W「3分とかですやん」

光「いやいや」
剛「いや、だって無理」
光「台風、台風来とる」
剛「そやねん」

W「それ、あさっての話ですやん」

光「台風きてる、ヤバい」
剛「もうすーごい近くまで来てるから」
光「もうヤバい、あと30秒やからね。でも、ほんますぐやん、打ち合わせしてきーや」
剛「うん」

W「打ち合わせとか全くないです。一緒のディレクターさんやってる・・」

光「あ、そうか。オレも1分前に入ったからな」

W「あははははは(笑)」

剛「んふふふふふ(笑)」
光「ひゃははははは(笑)」

W「みんな、え?いう顔してる。いや、すいませんごめんなさい」

光「いやいや、もうあとね、あと10秒ぐらい、オレぶっこむで」
剛「ん?なんですか?」
光「ぶっこむで」
剛「はい、わかりました」

光「キンキドームライブやります」

剛「あっ・・」

W「マジっすか!」

光「言ったらアカン言われてんけど、言った」
剛「あ、そうなん」

W「スタッフさん、総立ちしましたやん!」

光「さよーならー!」
剛「さよーならー!」



あああっ!リスナーを慌てふためさせたブッコみをありがとう光一さん!!
という、狂喜乱舞のうちに、25周年特番は終わりましたが

この直後に「こんばんキンキ」で始まったジャニーズWESTのレコメン

桐山くん、浜田くん、藤井くんでお届けしておりますが
すみません、さっきから聞き分けできてません。


どんなもんヤ!への乱入は自分の生放送より緊張した・・
と、話してるときに

「うあっ!!」・・と驚いてむせてるWEST


光「バイバーイ!」

W「すいません、ありがとうございます」
W「光一君!!」


光「帰るねー!じゃあね、ぶっこんだから、オレ~」

W「ドーム見たいっす!」

光「うん、バイバーイ」

W「剛くん、ありがとうございました」
W「失礼します!」


剛「また」
光「じゃあね、頑張ってね」



口々に「びっくりしたー」言うてるWEST

KinKi Kidsを見送ったあとで

「すげえ、キンキさんや~~!」

めっちゃ焦ってましたよ。
ファンか!(笑)


ブースのドアをあけて、ちょこっと顔出した感じのキンキさんでしたが
ぶっこんでやったぜという清々しい光一さんが、軽妙に。
そし剛さんが、たぶん、ほぼ表情と仕草だけで
挨拶していったのが目に浮かぶような!!


お疲れさまでした!




そして、20センチ以上になったメールの束はこちら

レコメンのツイート
https://tWitter.com/reco_oshirase/status/1182279413242531846

奥にホットケーキの山がありますね


っていうか、プリントアウトするだけでも大変やな。
せっかくデジタルで送っても、アナログになっちゃってる(笑)

| 25周年記念特番 | 14:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT