FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2020年5月18日(月)

剛「どうも、堂本剛です。今日はですね、18日ということでございます。あの・・当初の緊急事態宣言からですね、延びた形になっておりますが、やっぱり自分自身を守るっていうことが結果愛する人だったり、たまたますれ違う人だったりをやっぱり守る行為だと思うんですよね。で、たまたますれ違った人だろうけれども、その人にもやっぱり繋がってる人達がたくさんいるわけだから、うん、我慢できることは我慢する。形を変えて仕事ができることは、形を変えていく、いわゆる形式を変えていく。人間でいうならば、心を変えていくこと、頭を変えていくこと、で、行動を変えていくこと、発言を変えていくこと、なんかそういう風にして、僕らは変えていかないと、ん~、ゴールには立たないよなと思うんですよね。だからみなさんとも、ほんとはね、ライブで会いたいな、こうしたいなああしたいな、色んな気持ちあるけど、スタッフの方もいるし、支えてくれるメンバーの方もいるし、色んな方いるんですよね。で、お客さんがいて、物販出される方がいて、警備される方がいて、色んな方が、うん・・あっての、ライブだったり、エンターテイメントだから、やはりエンターテイメントを続けて行くことだったり、エンターテイメントが絶えないようにみたいなこと、そういうことをなんか、熱い温度とかそういうことじゃなくて、やっぱり形を変えて冷静に提供できる時にしていくというか、繋がれる時につながっていくというかね。やはり今世の中に新しいコンテンツがあるから、新しいコンテンツを、ジャニーズアーティスト一同が、自由に、使いながらファンの人と触れ合える、繋がれる、誰もがそれが出来るという状況を、ん~~、少しずつとっていかないと、なかなかやっぱりこう・・エンターテイメント届けやすい環境かというと、なかなか難しいのかなとも思うし。こういう、ラジオっていうのはね、こうしてお話出来るからすごくいいなといつも思ってはいますけど、そんなこんな、どんなこんなでございまして、色々とありますけども、みなさん是非ね、え~。今乗り切って、我慢とか忍耐とかっていう、言葉でもいいし、なんでもいいと思うけど、とにかく今をね、一緒に、耐え抜いて乗り切れることが、全ての人に対して、やっぱりマナーだと思うから、是非皆さん、少しでも自分の今持ってる考えが、ちょっと違ったかな?と思ったら踏みとどまったり、考え改めなおしてみてはいかがでしょう。それではどんなもんヤ!はじめます」

【今日のポイント その1】
どんなもんヤ!らしからぬ感じで始まりましたよ。ジャニーズもずいぶん新しいコンテンツ使ってくれるようになりましたよね!


《何でも来いやのフツオタ美人》
剛「なんでも来いやのフツオタ美人 さ、番組の前半ですけど普通のおたよりなんですけれどもね、まず、え~、ラジオネームひじりんごさんです『遅くなりましたが41歳のお誕生日おめでとうございます』ありがとうございます『今年もまたミッツ・マングローブさんにお花をプレゼントされていましたね』はい、和田アキ子さんにも、ミッツマングローブさんにも、お誕生日ご一緒ということで、お花贈らさせていただきました『剛くんもミッツさんからお花頂きましたか、お二人がご自身の誕生日に毎年お花を贈り合う関係とても素敵だと思います』はい、頂きまして、和田アキ子さんにも頂きました。ほんとにありがとうございます。ステキなお花頂きました。ま、あの、ミッツさんはね、ニュースなんか見てて、ちょっと心配だなあとずっと思ってたんです。でも自分がちょっとおかしいかなと思ったら、普通だったらね、すぐ病院に行こうとか、色んなことできますよね。今は自分の意志で病院に行きたいとか、診てもらいたいと思っても、ね、あの・・タクシーはやめてください、歩いてきてください、いや、病院までこの状況で歩いていくんですか・・とか、色んなこと、ちょっと大変だよなあと思いますよねえ。

なんかうまく、平等に与えあえられて、救いあえたらいいなと思うけど、なかなかそうもいかない、で、少しでも気を緩めるとまた感染者が増えていく、これやっぱりね、例えとしては、全然ごめんなさいね、正しくはないけれども、ねえ、せっかく脂肪落とそうと思ってダイエットして、いっかぁなんて言って2日続けて例えばよ?ケーキをどーんと食べちゃって、あれ?またちょっと太ったかもって、いやそりゃ太るでしょって話じゃないですか、だからやっぱり、うまく、うまいバランスを常にとっていかなきゃいけないっていう状況なんだと思うんです、今ね。だから自分も守りつつ、相手を守りつつ、誰かを守りつつみたいなことですよね。そういうようなことをやっぱりやっていかなきゃいけないよなと思うし、ね、こういう状況に対して考え方はそれぞれだから、でもミッツさんが、自分はちょっと体調を崩してるなあと思うんで欠席させてくださいっておっしゃるのは、すごく正しいなと思うし、それをまた受け入れる周りの方々も、うん、そういう対応は非常に愛だなとも思うし。

ただ非常にね、不安な日々を過ごされただろうなとも思うし、うん、やっぱりこういう一人一人、誰もがね、今不安だから、その不安をどういう風に理解し合い、そしてぬぐいあっていくか、救いあっていくかってことだと思います。だから、その医療の方々にもやっぱりご家族がいらっしゃって、家族にうつしてはいけないからということで、車中泊されてる方がたくさんいらっしゃったりとか、ご家族がお医者さんだというだけで、いじめにあってるお子さんがいたりとか、ほんっとにね、色んな問題があるんですよね。だから、あの・・今、ジャニーズの方ではね、僕も色々と会社の方とも話したりもしましたけども、こういうSmile Up!projectというものがあって、その中で医療の方々に出来る限りのことを僕らもやっていこうと、医療の方々からもいわゆるメッセージもいただいてますしね、うん、非常に緊迫状態、すごい状態がやっぱり続いてるんだなということは、そのメッセージからもやはり感じ取れますね。

だから、例えばニュース見てても、ずーっと1日中ニュース見てたら、やっぱり落ち込むじゃないですか。だから、こういうエンターテイメントが必要、歌でも聞こう、こうしようああしよう、それもすごくわかるし、自分の精神状態をいい状態に保っておくことも、非常に大事だから、このラジオでも、今あの・・明るいお便りとかも色々ありますけども、そういうもの読もうかななんて、色々思ったけど、結局今ミッツさんの、おたより、お花のおたより読まさせていただいたから、この流れで、色々お話させてはもらってますけど、どんなもんヤ!にしては、ちょっと真面目過ぎるかもしれないけど、やっぱりね、そういうことも含めて、あの・・うん、今のことだし、大切なことだから、話せるときは、ちゃんと話したいなとやっぱり思いますよね。さ、ということでございまして、とにかくミッツさん、お花ありがとうございました、そして和田アキ子さんもお花ありがとうございました。

え~、みなさんほんとに、ご自身のお身体、ご自愛できるように、1人1人の身体をね、1人1人が愛せるように、会社に勤めてる方は会社だったりね、この日本という国もそうですけれども、1人1人が自分の命をちゃんと大切に考え扱えるような環境にしていただけたらいいなという風にほんとに切に思いますね。僕みたいなもんができること、は、そんなにないのかもしれないですけど、そんなにないかもしれないと思ってる人間でも一生懸命に何かが出来るだろうというふうに、自分を愛しながら自分を信じて、常にいろいろなことに取り組んでおります。いろんな時間、色んな自分と向き合っております。僕に出来ること、僕が発信できることっていうものは、これからもやっていこうと思っておりますので、みなさん、あの、少々今はこんな重たい話、こんな現実的な話聞きたくないなと思ったら、チョイスされなくて、ほんと大丈夫ですから、自分でチョイスして、自分で判断して、毎日をとにかく自分らしく生きていけたらいいなという風に思います。とにかくほんとにこうやって今リスナーのみなさんに聞いていただいてますから、そのみなさんの生活、っていうものが、少しでもほんとに明るくなるようにということは、本当に本当に心から心から、願っております。なので、真面目な話もしたいなと思います。さ、ちょっと長くなりました。以上何でも来いやのフツオタ美人でした」

【今日のポイント その2】
bayfmの方のソロラジオかと思いましたよ・・内容だけじゃなくて、声のトーンも、リモートだからかな?余計に切々としてましたね。

《剛のフィッシング天国》
剛「剛のフィッシング天国 さあ、釣りや魚に関する質問ですけどね、埼玉県のしょうこさんなんですが『先日大阪の居酒屋さんで店員さんと話が盛り上がってマグロの話から、マグロ漁師山本さんね、お店の人いわく、山本さんの番組を見ているとついつい見ちゃうと、最初はカッコよく話したりしてイキッてるけれども、あたりがくるとテンパるのが(笑)すごい好きとのことでしたが、私は関西人の男性はみんな山本さんが好きなのかなあと思ったんですけれども、剛くんは周りの関西人もみんな山本さん好きですか。ちなみに店主さんは山本さんに似てました』と。なるほどね。なん・・ん~、どうなんやろな、西の人は山本さんを好きかどうかと言われるとちょっと・・・全くの謎ですけどね。ま、ただやっぱり自分が釣りが好きで、で、マグロ釣ってる人ってすごいなと思いながらね、うん・・いやでも、あのキャラクターですよね、山本さんのねえ。やいや~言うて、やい~、言うて。うん・・なんかこう、カッコいい顔するんですよね、カッコいい顔して、大海原見て、あたりパーン来たら、来た!いうて、ちょっとテンパるんですよね。でも僕思うんですけど、そのテンパるのは、テレビ入ってるからだと思いますよ。これテレビ入ってへんかったら、たぶんいつもの自分のリズムでいけてるんです、山本さん。でもテレビ来てると、釣らな、とか、絶対に上げなとか、やっぱりあるじゃないですか、絶対ばらしたアカンぞみたいな。色んなプレッシャーを、山本さんを苦しめてる可能性あるね。あとは状況がさ、波ですごい揺れてる状況なわけだから、山本さんのお年を考えたりとかね、いろいろしてもやっぱり、すごいことやってはるなと思いますよ。

うん、今年のだから、前半ぐらいですかね、基本的に山本さんの、トレーナーとかキャップとかかぶりながら仕事しましたからね。うん、会うたび会うたびにね、友達とかに、それなんっすか?とか、何の服なんですか、それ、とか。え?知らん?山本さん、みたいな。いや知らないです、みたいな。オレの名前は?・・堂本さん・・この人は?・・山本さん、いやなんすか、それ、みたいな、まあちょっとそういうのやったりとかしてたんっすけど、暖かいんですよねえ、すごく。暖かいんだから~~、すごい暖かいんですよ、服、だからね、すごく重宝しました。これからはね、ちょっとまた暑くなったり、最近の気候変動もヤバいですよね、急に暑くなったり、急に雨降ったり。だから、今こんな状況なんでねえ、山本さんもどんなふうにして過ごされてるかなとか、色々思ったりしておりますけど、とにかく一刻も早くね、山本さんだったら、漁がいつものように再開できるような、現実が始まるといいですね、僕らでいえば、ほんとにライブが出来るとかさ、うん、そういう現実が早く始まればいいなと思うけれども、早く始めるためには、一刻も早く始めるためには、やっぱり今をね、考えてね、形をかえて生きていこうということだと思います。ね、山本さんもほんとに色々大変だと思いますけど、お身体ご自愛ください。さ、ということで(インフォメーション)さて、コロナの影響がございまして、発売延期となっていましたKANZAI BOYAですけども、6月の17日にやっとリリース出来ることになりましたので、みなさん楽しみにしててください。KANZAI BOYA、どうぞ」

【今日のポイント その3】
漁師はソーシャルディスタンスとれるから、漁に出ても大丈夫じゃないの?と思うんですけど、どうなんですかね?っていうか、剛さん、ほんとにグッズ買うたんですね(笑)

《今日の1曲》『KANZAI BOYA』

《お別れショートポエム》

剛「お別れショートポエム。今週はですね、ラジオネームしおんさんです『家の近くで例年以上にウグイスが鳴いているなあと思ったら、父親も一緒にウグイスの鳴きまねをはじめた。あげく、ウグイスの鳴き方にダメ出しをはじめた。何目線だよと思った』いかついですねえ。いやなんか、あの、わかりますよ、家族がね、急に例えば猫がウニャ~って言うじゃない、そしたら、ニャオ、お腹空いたの?ニャオ~~みたいな(笑)猫とか、会話し始める瞬間ってありますよね。なんか・・アレめっちゃおもろいのよなあ。いやいや、しゃべってるつもりかもしれんけど、しゃべれてないで、みたいな。お腹空いたのかな?にゃ~お~、いうて、猫もにゃお~言われるから、一応にゃお~いうけど、お腹空いたんだよとは言ってるかわからないです、そっかお腹空いたのか・・・いやいや言うてないでみたいな。おなかすいたの?それとも喉がかわいたの?にゃ~お~ん、みたいな。にゃお~そっか、喉が渇いた・・いやいや、喉が渇いた言うてるか?今の、みたいな。俺にはわからへんけど、何目線やねんってその時もやっぱり思うよね。うん・・それだけやっぱり、なんていうの、人間とか、猫とか、ウグイスとか関係ない、命と命のぶつかり合い。生命なんだよ、みたいな。生きてるものはみんな兄弟なんだみたいな、たぶんその領域に入るのかなあ。お父さんもたぶんその領域に一瞬入っちゃったんだろうね。ウグイスなんだから、もっとさあ、みたいな。ちょっとあの・・このお父さんとかお母さん、おじいちゃんおばあちゃんの何目線やねんシリーズとか、ちょっとおもろそうですけどね。色々ありそうですけども、みなさんまたなんかちょっと、そういえばこんなことあったなあという、何目線やねんシリーズね、うん、あったら、書きとめといてもらったら嬉しいなと思います。ということでございまして、お相手は堂本剛でした。それでは引き続き文化放送レコメンでお楽しみください。みなさんどうぞ、ご自身の生活、楽しいものに、明るいものに少しでもしていきましょう、そしてお身体ご自愛ください。堂本剛でした」


【今日のポイント その4】
その・・猫に話しかけてるのは、お母様でしょうか?猫と喋れてるんかもよ?(笑)




※お知らせ
ここではどんなもんヤ!のラジオレポのみですが

ファンサイトKinKi【WITH】Kids http://kinki-with-kids.com/ 
では、そのほかのレポ等もあります。

こちらはKinKi Kidsに関するなんやかんやのブログです
DOMOTO★Kids http://endlikids.blog100.fc2.com/

Twitter https://twitter.com/tsutankamen2451

こちらも合わせてよろしくお願いします

| 剛どんなもんヤ | 10:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT