Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

≫ EDIT

2018年5月7日(月)

剛「どうも、堂本剛です。まずは神奈川県みきさん『かつて忍者を目指していた剛さんに報告しなければと思ったことがあるのでメールします。三重県の三重大学大学院で忍者忍術学という専門科目が設置されるそうです、といっても手裏剣を投げる練習をしたりするのではなく、忍者の歴史、そして忍者が登場する文学作品についての研究が中心、忍者文化発祥の三重県で忍者のプロフェッショナルをめざせるそう。剛さんは今でも忍者への憧れありますかと』うん、いつでもなろうと思ってるよね。隙あらば。でも、その隙がないというか・・うん、見つけられないでいるんですけど。まあ、あの、この人達の超人を超えた、身体能力、そこも知りたい、というかそれは体感したいというわけではなくて、例えば石垣をすごい速さで上ったりとか、木を飛んでたりとか、色々あるじゃないですか。でもこれってもしかしたら、あの・・・体操選手とか、色んな、色んな競技のやってる人達いるじゃないですか、その集結、が、1人だとすると、忍者は意外とドラマや映画やマンガでは過度に表現してるのではないかって思いがちだけど、意外とめっちゃ高いところから飛んで、でも膝に、力を加えずにうまく逃がして転がしてとか、やれてたから、結局そういう人はいたんじゃないかと思ったり、僕はするんですけど、うん・・小柄だったというのもあるでしょうしね。今の我々日本人の平均身長よりもやっぱり小柄だったと思いますしね、ほんと隙あらばね、なろうとしてるんですけど、なかなかやっぱりちょっと・・隙がない。ないですよね。ということでKinKi Kidsどんなもんヤ!はじめます」

【今日のポイント その1】
そういえば先輩に「忍者」がいましたけど、それは目指してないですね


《何でも来いやのフツオタ美人》
剛「なんでも来いやのフツオタ美人 さ、えー、三重県のあやかさんですね『先日のカウントダウンTVスペシャルで久々に中居くんと絡んでいましたね、舞台裏で何か中居くんとお話しましたか。久しぶりのキンキと中居くんのお話してる姿がとても微笑ましかったです』というふうにおっしゃってくださってますけど、まああの、楽屋にご挨拶に行かさせていただきまして。オマエ耳大丈夫なのか?って言ってくださいましてね、いや、全然ダメですねえって・・・全然なのかぁ、そうか、大変だなあ・・って、ま、たぶんその、僕の、ん~~、なんていうんですかね、本音とかさ、色々僕の気持ちをその時に色々察してくださったんでしょうね、で、それで生放送の場で、オマエ耳大丈夫なの?というフリをたぶん下さったんだと思います。あの、SMAPのみなさんは、僕にとっては、ホントにお兄ちゃんっていう存在なんですよね。で、誰が特にとか、そういう思いのない人達なんで。いつまで経ってもというのも変なんですが、いつまでも弟弟してんなよというところもあると思うんですけども、やっぱりどこかこうね、お兄ちゃんなんで。

で、入院した時も、中居さんもそうですし、木村さんもメールくださいまして、まああの・・色々とご心配おかけしたなという中で、でもお兄ちゃんにね、弟って、なんか強がれる瞬間もあるんですけど、逆に甘えてしまう瞬間も多くなっちゃうんです。そんな中で、お兄ちゃんに、大丈夫か、耳って言われた時に、あ、全然大丈夫ですよって言っても良かったんですけど、いやあ、ちょっと全然ダメですねぇ~みたいな、厳しいですね、やっぱりなかなか・・・うん、簡単には治らないみたいです。で、まあ、今までのことを全部説明しまして、病院での話とか色々・・そうか、大変だなあって、たぶんおそらく、まあ僕の口で、オマエも全部はしゃべられへんかもしれへんけど、自分の言葉で少しでも本音に近いことしゃべれたらいいんじゃないっていうような感覚でたぶんふってくださったんだと思うんです。僕もあの時にね、え、それ言っちゃうん・・言っちゃうんですか、みたいなコメントをたぶんしちゃったと思うんですけど、大丈夫じゃないねんから、大丈夫じゃないってちゃんと言ったらいいやん、っていうことやったと思うんです。お兄ちゃん的には。全然大丈夫じゃないですねー・・っていうことだけは言いましたけど、細かくしゃべってる時間もないし、細かくしゃべっててもアレやしね、で、それで、まあ、中居さんには失礼かなと思いつつ、中居さんの名前を使うなら爆笑とらないといけないというのもあり、中居くんよりは上手く歌いますよって言いました。そしたらもう・・オマエ言ってくれたな、みたいな感じで絡んでくださって、うん、で、最後も、上手く歌えたようですねーって言って、笑いに変えてくれはったんで、すごくあの・・愛情を感じた時間だったなという風に思いました。

うん・・やっぱりね、なんかこう、今でもやっぱ一番緊張する先輩なんですけど、マッチさんだったりね、少年隊のみなさんだったり、大先輩いるんですよ?いるんですけど、やっぱ一番緊張する先輩なんですよねえ。SMAPという、その・・やっぱりね、このアイドルって世界で、すごい、うん・・・光りでしたからね。その光りのまぶしさに、やっぱりこう目も心も色々なものがくらむぐらい、それぐらいの僕にとっては、そういう人達だし、1人1人もそういう人なんでね、うん・・そういう風に、うん・・お声がけしてくださったってことは、とても幸せだなと思いました。うん・・今も鍼けっこうめっちゃ打ってるんですけどね、愛情ですよって、先生は鍼打ってくれてますけど、治しましょうって言ってくれてますけどね。その先生の言葉を信じたりしながら、今もやってるということでございます、ね、中居さんも、ほんとにありがとうございました。はい・・ね、なんでも来いやのフツオタ美人でした」

【今日のポイント その2】
語ってる内容よりも、剛さんの声としゃべり方にグッときてしまった(T_T)ラジオの声は、全部伝えてしまうよなあ。いつもと全然違うトーンの、油断したら泣いてしまうじゃないだろうか、っていうような、繊細な声でした。



《これってアウトかな》
剛「これってアウトかな? さあ、アウトかセーフかみなさんのフェチをジャッジしますが、神奈川県のえりかさんでねえ『私は人の指の爪を見るフェチ。私の爪は丸い形をしていて正直気に入りません。なので細くて長い爪に憧れる、そのためよく人の爪を見て、あの人はきれいな形をしているなあ、あの人はそうでもないななど色々考えては楽しんでます。私のこのフェチを剛さんどう思いますか』まあもう全然いいと思いますけどね・・・・うん、っていう話ですね。なのでまあ(笑)セーフとかアウトとか言わなくていいぐらいの(笑)話ですけど、一応セーフです、だから。はい

そして長野県のちっちさんですけど『歯医者さんの使うドリルがたまらなく好きというね、治療のために歯医者さんがドリルを準備している時からたまらない気持ちになる。期待で口の中に唾液があふれるくらい。目を閉じずにドリルをガンミする、あの、ウィーンというドリル音もたまらない。歯を削る音や削ってる感じも好き。できれば自分の歯が削られるところを直接見たいぐらいです。こんな私アウトでしょうか』オレ歯医者大嫌いやけど。こんなおう吐反射が激しい人には、地獄ですよ。おえ~しかないねん。もうちょっと口開けてくださいって、あけられへんねん、だから!みたいな。感じですから。うん・・チュインチュチュチュン、チュンチュン~~、みたいな、ちょっとずついってんぞ、みたいな、あの・・なんていうんですかね、今は思いませんけど、とんがってた時、笑いにどん欲やった時に、めっちゃイキってるやんと思っててん、チュンチュチュチュン~チュンチュン~~みたいな。なんか、バイクふかしてるみたいなさ、ゥオンォオン・・ブルル~~ヴォォオン、みたいなやつあるやん、あの歯医者さんバージョンみたいな感じで。チュンチュチュチュン~チュンチュン~~・・・なんか、あの、シュゥ~~ンシュゥンシュ~~ンとかじゃないねん、チュゥンチュチュン、チュゥンチュチュン・・わかる?(笑)あの、ちょいちょいやるなあ、みたいな、うん・・ちょいちょいやるやん、みたいな、アレちょっとねえ、なんかイキってんなあ、みたいな(笑)なんか感じに・・なんでしょうね、これはディスってるアレじゃないんですよ、ディスってるイキってるなあじゃないよ?うん・・めっちゃイキってるやんと思ってましたよ、なんか、チュンチュチュン・・で、なんか・・なんとかなんとか、言うて、ピューッて液、ピューやって、もっかい鉄のやつで固めたり、ぱっぱっぱ・・で、ちょっと噛んでください、赤い紙噛んで、で、ギシギシしてください・・・ギシギシ・・開けてください、見て・・チューンチュチュンチューン・・・チュチュンチューンって。あの、ペダルでね、足ファファファやってるから、イキってるやんみたいな。なんかこう、ギター弾いてる時のエフェクターと一緒やから、あれ、なんかこう・・ワウワウワウ・・、ワウやってる時みたいな、なんか、めっちゃイキってるやんみたいな。イキってますけど、この先生!!って言いたくなる感じありましたけど。これは・・・んーー、直接削られてるの見たい、うーん・・アウトではないと思うねんけど、若干アウトのニオイするなあっていう。わけるんであれば、というところでいけば、ちょっとアウトでしょうね、なんかね。

そして長野県うみさん『私は縫い物をしている時に刺さった針の痛みフェチ』これはもう、アウトですね。だってこれはもう、アウトでしょ(笑)刺さって痛いのがフェチなんだから。『針をさしてしまうか、何ともなく縫えるのかのギリギリのラインで刺さったときがいい』とちょっとわけのわからんこと言うてますね。なんかこう、刺す気はないよ、っていうことね、なんか。でもギリギリのライン狙ってる時に、あっ、いたっ、刺さった!チュインチュチュチュン、チューンチュン・・ってことでしょ、結局。んふふふ(笑)結局これ、ちょっとイキってるところあるから、ちょっとなんか。チューンチュンチュンに、なんかいきたがってるよね、やっぱり。わざとやっぱりこれね、刺しに行ってはいるよね、やっぱりギリギリ狙ってるって言いながら、刺しに行ってるね、やっぱり。ギリギリ狙ってはないよね、うん。ペダル踏んでるよ、やっぱ。うん、これ刺してるね(笑)これアウトです。はい、ということで(インフォメーション)それでは、Topaz Love聞いて頂きましょう、どうぞ」

【今日のポイント その3】
擬音多すぎ!!!(爆)伝わるだろうか・・・


《今日の1曲》『Topaz Love』

《お別れショートポエム》

剛「お別れショートポエム。えー、長野県のまたまたうみさんですね『ラジオを聞いていたら、山下達郎さんのRIDE ON TIMEのカバーが流れてきた。ずいぶん独特なブレスが気になって家事が手に付かなかった。すると曲終わりに、五木ひろしさんでRIDE ON TIMEでしたとアナウンスが入り、やっぱり五木ひろしさんはいつもの歌がいいなと思った』どんな感じなんやろ・・♪らい~~・・らい~~どん~~タイム~~~てーってててて~~てれれ~(歌ってます)・・らいどん・・たーーいむ・・お・お・お・・らい・・どんたいむ~~ みたいな感じかな。僕が今想像する五木さんのカバーやけど、うん・・ちょっと流れるように繋がるようにいってほしい、達郎さんのRIDE ON TIME聞いてると。少年のようなね、♪お・・お・・RIDE ON TIMEてってっててーれれって(歌ってます延々)・・~~ってことやろね、たぶん。これぐらいじゃないと、気にならへんよね、うん・・うぉんぅおん、チュインチュチュチュン・・うん・・・いやでも、やっぱこう、演歌歌手、ね、演歌歌手って言われる、演歌というジャンルを、歌われてる・・(笑)どしたんですか、いや・・(笑)ドリルがツボにはまってるよね、ドリル引っ張りすぎよ、五木さんはドリルじゃないから。五木ドリルさんじゃないからね。五木ひろしさんやから(笑)今のはブレスが気になってって、独特なっていうから、わざと僕がめっちゃ入れただけやから(笑)別にドリルを、ドリルをRIDE ON TIMEに入れてないから、オレ。そしたら、♪お、お、お、のところも、♪チュインチュインチュイン になるやん、それは、ドリルやったら。ライドオンドリルやったら。んふふふふ(笑)なんやねん!!ドリル好きやなー、みんな。うん、ちゅーことでございまして。お相手はKinKi Kids堂本剛でした。それでは引き続きレコメンでお楽しみ下さい」


【今日のポイント その4】
同じ日に同じ人のメールが読まれるって、今まであったかな?!
そして、引き続き、擬音と鼻歌にまみれております、よくぞ前半と後半でこれだけ違うこと出来るよね?(爆)

| 剛どんなもんヤ | 10:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018年4月30日(月)

光「はい、堂本光一です。大阪府のカメとイチジクさん『滝沢秀明くんはプライベートで溶岩湖を探検してるらしく、世界に5カ所ある溶岩湖の一カ所にアタックする様子がテレビで密着されていました。火山ガスや溶岩はもちろん怖いのですが、1000度を超すマグマが跳ねたら大やけどではすまないとナレーションが。一緒に家族団らんで見ていた家族がざわざわしました。光一さんはもし長期休暇がもらえたら何がしたいですか』これ見たよ、オレ。見た見た。何してんねんって思ったけどね。まあ、アクティブだよね、彼はなんか色々・・仕事じゃないのに、映像撮ったりするのが好きなんでしょ。んで、編集も機器も家に揃えて自分でやったりだとか、凝り性なんでしょうねえ。結構ね。まあ、私は・・長期休暇もらえても・・・何もしないでしょうね。うん、普段通りに過ごすと思いますね。こういうことは、あんまりね・・・ええ、行けば楽しいんでしょうけどね、危ないからというよりも、うん・・きっかけは自分で作るものだとは思いますが!あ~んまりこういうことに、あんまりうーん・・ねえ・・・はい、KinKi Kidsどんなもんヤ!はじめまーす」

【今日のポイント その1】
わかる・・わかるよ、光一さん。きっかけは自分で作るモノだとは思ってるよ・・だから連休でも、なんの予定もなく通常業務をしているよ(笑)


《何でも来いやのフツオタ美人》
光「なんでも来いやのフツオタ美人 以前女性リスナーに男性のこれだけは許せないということをメールで教えてくださいと募集したところ沢山届いたと。募集したっけ、こんなん。ひゃはははは(笑)忘れとるわ、すいません、今日そのメールを紹介しましょうと、いうことですね。ああ、アレか!なんか・・あの・・トリセツの流れみたいな感じのやつ?そんな・・そうだよね、会話の中でね。埼玉県かいままさん『私が男性の許せないところは、2人の大事な思い出をすぐ忘れることです。女性の方が記憶力がいいだけかもしれませんが何気なくテレビに映った場所などを、あ、ここ前行ったよね、これ食べたよねなどと言うと、え?そうだっけ?と覚えてないことが多く、しかもそれオレじゃないんじゃないの、みたいな雰囲気まで出すことがあります。ほんとに腹が立ちます』あははははは(笑)ああ~~・・・しゃあない!うん、しゃあないよ~~。どっか行った場所とかはまだし・・・まあ、なんていうか、これは覚えとかなアカンわなと思うけど、これ食べたよね・・・これはちょっとオレも自信ないなあ~~。うん・・・まあ、なんか、うん・・ちょっと覚えてない・・食にあんまりこう・・ね?執着がない部分もあると思うんですけど、うん・・まあだから、なんでしょうね・・ま、全然違うかもしれんけど、ほんま、アレ考えた方がいいと思うわ。あの~~、飯をこう・・あの、インスタとかに?載せたいがために、撮る、あの~儀式?食事待ってるやん、食事来るやん、わ、すごいねえ、じゃあ、食べましょう・・って、あ、ちょっと待って!ちょっと待って!ちょっと撮らして・・・なんやねん~~おい・・ええ?撮るんかい、なんやねん、この待ってる間、みたいな(笑)アレ、どうかと思うわ~~。。。あ、まんま言ってた?あっはっはっはっは(笑)同じことか・・・どうかと思ってる根が深いんでしょうね。それとはちょっと話をかえるなよと思われるかもしれないですけど、まあ・・・女性の方がその辺やっぱり繊細なんですかね。うん、ええやん、忘れてるんやったらもっかい行けるやん。ふふふふ(笑)なあ?あんた忘れてるんやったらもっかい行こう!って。思い出がまた・・増えねぇのか、忘れるから(笑)いいや、もう一回行けるやんな、前向きに考えてください。

東京都ぴょんこさん『男の人のこういうところが腹立つ話です。職場の男性で毎日イラっとさせられる行動は、1、人の顔色を常にうかがう、2,とりあえずすぐ謝ればいいと思っている、でもほんとに謝罪が必要な時は無言、3,やりもしないのに返事だけはいい、自分の周りでは女性ではこういう人って、いないんですが男の人に多いです。こんな行動とられるとイラっとすることも伝えてるのに直らない。光一さんはこんな男性の気持ちわかりますか』うん・・・あのぉ、なんやろなあ・・会社やろ?職場やろ?で・・・まあ、ある意味職場って男の人の方が上司に対しての顔色とか伺ってるさまがもしかしたらあるのかもしれないよね、なんか、自分の立場的なものを守らないといけないとか、その守るためには、あの・・奥底の方、ねえ、考えていくとその人にはもしかしたら家族がいるかもしれへんし、なんか守るべきモノがあって、じゃ女性に守るべきものがないのかって、それは違いますよ?そういうことではなくて、ある意味女性の方がそういう所堂々としてるのかなっていう。まあ、そもそも論としてさ、なんか・・なんでしょうね・・・ああ、爆弾投下になるからやめよ!コワイコワイコワイコワイコワイ!

ラジオネームもひょさん『腹が立つ男性の行動ですが私は自分の趣味に興味もないくせに干渉してくる人にすごく腹が立ちます』いやこれ女の人の方が多いって!!『興味がないならほっといてくれたらいいのに、なぜかつっかかってきます』つっかかるのはどうかと思うけど『しかも私の趣味を半笑いでバカにしながら、私は他人の趣味に興味がない時はその方がお互いにストレスをためることもないので干渉しません。光一さんは自分の趣味について良くない言葉で何か言われた時、どういった対応をしますか』うーーーん・・・まあ、そんな自分の趣味について、そんな悪く言う人と出会ったことないけど、そもそも論として、僕は自分の趣味はね、レースのF1とかね、そういうことになっていくわけですけど、だいたいF1好きでって言ったら、はぁ~・・で終わるんで。だいたいわかってへんねん(笑)ふははははは(笑)だから話にならんねん。つっかかりもせーへん。うん、なんとなーーく知ってる人が、F1の話になった時に、なんかちょっと質問してくる場合、これは男女問わずなんだけど、質問された時に、それはね、こうこうこうでこうこうアレで、こうこうこうなんだよ。でもそこに行き着くまでは、こっちのファクターの話もしないといけないんだけど、こうこうこうでこうアレなんだよ、でもね、このファクターを話すためには、こっち側のファクターも話さなきゃいけない、で、こうこうこうで、ってずっとちゃんとめっちゃ丁寧に、丁寧にですよ、ていねーーいに、答えてあげてんのに、あ、もうごめんなさい、いいです。っていうパターンですよね。聞いたやん、オマエが聞いたんやん~~・・・・ええ、ね、堂本光一、めんどくせってたぶん今ラジオの前で思ってると思います。

神奈川県人参農家さん『ダンナの理解に苦しむ行動があったのでメールしました。それは久しぶりに会う女性に対して開口一番、太った?と言うことです。一応彼の中ではそれなりに親しい間柄の人、友人の会社の同期の女性に対して言ってるようですが、どんな女性であれ、太った?という発言は何一ついいことがありません。何度も言うなと伝えているのにどうしても言いたくなるそうです。ちなみにダンナは光一さんと同じ年です。デリカシーのない光一さんもこの気持ちわかりますか』おい!!・・ふふ(笑)うーーーん・・開口一番は言わないですよね。例えば結構毎日のように顔会わす人、で、その関係もほんとに、なんだろな、なんでも言い合えるっていうか、フランクなお互いの間柄であれば・・でも、太った・・・ん~~、太った?というより、よし!筋トレしよか!・・・ふははははは(笑)おお、筋トレ、筋トレした方がええんちゃうか、ちょっと・・そっちかな。これでもヘタしたらセクハラになっちゃうからね。気をつけた方がいいよね。

兵庫県かえさん『男性のこれだけは許せない行動の話していましたが、彼氏にしてはいけない男性というのを見つけました。それによると頻繁に本当?と聞き返す人は自信がなくネガティブな男性が多い、2,オマエのためという言い回しを使うのは相手の価値観は自分と同じだととらえている人が多く価値観を強要してくるので要注意、3,ただ優しいだけが売りの男性は自分の考えや感情がなくすぐに優しい言葉を使ってるだけの傾向がある、ということでした。やっぱり簡単に優しいことを言わない方が信用できるようですね』うん、バランスよね。オマエのため・・っていうのはアカンな。うん、これは、ダメじゃないかなあ。あの・・オマエのためにやってんねんって、言葉にしてしまうのは、あんまりね、よくないかなって気はしますけどね。うん、まあただ優しいだけもダメだし、どしたらええねん!っていうね。不完全な生き物だよ、人間は。

ラジオネームさだいらさん『留学中のヨーロッパから光一さんが募集されていたので、男性のここがわからんエピソードお送りします』ヨーロッパ?どやって聞いてんの?『私はあまり他人に期待しないタイプなので日本で男性に対して不満を持ったことがありません。しかしヨーロッパに来ると名も知れぬ通りがかりのおじさまやお兄さんが、さらっとドアを開けてくれたり、コートを着るのを手伝ってくれたりするため、久しぶりの日本人男性に会うと物足りなさを感じてしまいます。かといって、日本で同じコトをされると何か怪しんでしまう自分もいます。男性は男性の、女性は女性の得意なところを生かしつつ、社会的に平等な世界になるのがいいと思います』そうです。そう思います、ほんとに。ヨーロッパ、イタリアなんか行くとほんとに、すごいもんね、男の人。あのね、非常に難しいなと思うのは、あの・・男として、これは当たり前やなと思って、やってあげるじゃないですか、周りがもてはやしたりするんですよね、アレ問題よね。うぇ~~い!みたいな。そういう風にしてしまうと、当たり前にやれることも、なんかちょっと、その行動いやらしいみたいな、風になってしまうじゃないですか、そうじゃないのに。アレもアカンと思うし。うん・・・ね、まあ、日本エスコート文化があまりないじゃない。でもこの人の言うように、男性は男性の女性は女性の得意なところを生かして、社会的に平等な世界になる、これ一番うまい、すばらしい、ビシッと最後きめてくれたね。あの、僕が言いたかったことを、ちゃんとまとめて言ってくださったような、そんな気がしております。

はい、さ、何かテーマを呼びかけてメールを送ってもらうシリーズ、何度かやっておりますが、女性リスナーに本音で意見を聞いてみたいこと?・・・あ、まだあるかってこと?なんやろな~~、なんかない?なんかいい案(ス「男性のここを見てるとか」)あ~~、逆にね、なるほどなるほど。ええ、今1人のスタッフから、いいアイデアを頂きましたけど、あの・・ま、ある意味女性は、男のここ見てんねんで、っていうところをね、送ってください。ある意味、もう、なんでもいいですよ、ある意味。フェチに走っててもいいし、ふふふふふ(笑)それでもええわ、それでもいいし、もっとなんかこう・・ね、人としてこういうとこ見てんねんから、気をつけた方がいいと思うよ、こういうとこ目がいきがちよ、男性のとか、そういうのちょっと・・送って頂けたらね、それぞれ色んな意見あると思うし、それが世の中の世間の女性の一般論にはならないかもしれんけど、そんな話を送ってくれたらね、またご紹介したいと思います(インフォメーション)歌でーす、KinKi KidsでTIME、どうぞ」

【今日のポイント その2】
募集したのが去年の11月27日オンエアでしたからね。そりゃ忘れますわね(笑)
爆弾投下を怖がらずに投下して欲しかったな。思ってるけど言わないってことやん?どれってどうなん?!(つめよるwww)



《今日の1曲》『TIME』

《お別れショートポエム》

光「お別れショートポエム。今週は東京都のストロベリーサンダースギヤマさんからのポエムです『タネを植えてから2日くらいで芽が出るとあるのに、1週間以上全然芽が出なかった。そこで明日の朝までに全然伸びなかったらもう捨てるよと植物に言って聞かせたところ、次の日一気に5センチ芽が伸びていた。植物にもどMがいるんだと思った』・・・ほんまかいな~~。そんな急に生える?5センチも。うん・・・ね、まあ、こう・・尻を叩かれないと動かない僕みたいなタイプだったんですかね。はい、お相手はKinKi Kids堂本光一でした。それでは引き続きレコメンでお楽しみ下さい」


【今日のポイント その3】
尻にスイッチあるのか・・そうか・・(笑)


| 光一どんなもんヤ | 10:19 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018年4月23日(月)

光「はい、堂本光一です」
剛「堂本剛です。まずは埼玉県さくろんさんです『私は1月から1人暮らしをしていますが1人暮らしの意識調査で1人暮らしで部屋にいる時に恋人が欲しいと思った瞬間というアンケートがありその結果1位が休日に予定がない時、2位が料理を作っている時、3位が就寝時、4位がテレビを見ている時、5位インターネットをしている時、6位お風呂に入っている時で、私は今のところ寂しいと思ったり恋人欲しいとも思っていないので納得出来ませんでした。お二人はいかがですか、寂しくなる時ありますか』」
光「この、お風呂に入っている時になぜ思うか」
剛「・・・なんか、2人でいちゃいちゃ入りたいって感じなんかな、わからへんけど。料理ねえ・・自分のために作るっていうね」
光「ああ、自分のためにね、皿にも盛らず、もう、向こう持っていくのもめんどください、もう台所でそのまま立って食おうとか。剛くんは絶対しないでしょ」
剛「オレ立って食おうはしてないですね」
光「オレもそんなしないけど、究極そう・・それでもいいやと思うことあるね、究極、ほんとめんどくさい時」
剛「そう・・・うん、絶対持っては行くけど、鍋のままでいいやの時はある」
光「洗いもん・・なあ」
剛「もう・・もういいや、もう、と思って」
光「洗いもん増やすのもな」
剛「うん」
光「それこそ・・インスタント・・なんていうの?あの・・カップじゃなくてさ、袋の、さ、ラーメンとかさ、ああいうのとか、鍋のままでいいよね、そんなことない?」
剛「まあね。移すと移したで、ちょっといいんですけどね。確かにめんどくさいと言えば、めんどくさい」
光「洗いもん減るし」
剛「うん・・そうね、やっぱり1人暮らしの知恵とかね、リズムっていうもんが出来ちゃってるからねえ」
光「そうなのよ。だって1人暮らししてもう、18からだから・・21年だよ、1人暮らしが」
剛「うん~・・そんななるのか」
光「そうよ!」
剛「鼻血出るな、ほんま・・・鼻血出るわ」
光「すげぇな、残念なトークだね、オープニングから」
剛「うん・・いやなんかこう、身体壊した時とかさあ、やっぱこう、1人でお粥作ったりね、ああいう瞬間切ないよね。あ、そうや・・洗濯物たまってた・・・って、洗濯物まわしたりとか、またそれ畳んだりとか、なんかしたりとか・・ちょっと切ないよね」
光「そうね」
剛「その時くらいかなあ、なんか・・寂しいなあ、恋人いればいいなあとか」
光「うん。あまりにも1人暮らしが長すぎて、何をしてても、なんか・・その寂しさを感じる瞬間があまりないな。それが当たり前になっとる」
剛「うん、ほんと普通に当たり前やもんな」
光「あと、変な話、ペットもいればね」
剛「うん・・そうね」
光「そうそう」
剛「気が紛れたりね」
光「あんまり・・全然明るい話にならんかった」
剛「ならなかったですねえ」
光「ええわ、はい」
剛「それではKinKi Kidsどんなもんヤ!はじめます」

【今日のポイント その1】
ペットもいればね・・のあとの剛さんが切なかったなー(T_T)
っていうか、全体的にもの悲しい話やったな(^^ゞ


《何でも来いやのフツオタ美人》
剛「なんでも来いやのフツオタ美人 さあ、番組の前半ではですね、普通のお便り紹介します、神奈川県のみきさんですが『こないだお手本なしでも上手に描けるアニメキャラランキングというので、1位がドラえもんで2位がアンパンマンで、そして3位がHey!Say!JUMPの山田くん主演で映画化された暗殺教室の殺せんせー?』
光「ころせんせい・・」
剛「『という結果でした』」
光「ころせんせいは知らんな」
剛「殺せんせー、黄色い顔のやつやんな?1回見たけど、覚えてないなあ」
光「アンパンマン描けるかなあ?ドラえもんは描けるよ」
(描いてるようです)
光「アンパンマン・・」
剛「これもうコツあんねん、ドラえもんも・・・・すごい単純なメカニズムがあるよね」
光「アンパンマン・・・こうやろ・・違う?」
剛「ちょっと違う」
光「違う?・・・えぇ?!」
剛「ドラえもんはこうやろ」
光「ドラえもんは上手よ、みんな」
剛「アンパンマンは・・・・・」
光「ドラえもんは描いたもんねえ」
(かきかきかき)
剛「これアンパンマンとドラえもんでしょ」
光「そうか!!」
剛「うん」
光「こう・・これがないんや!これがあれば成立・・あっ、まゆげもあんのか」
剛「あれ、まゆげもある」
光「あ、こう・・ちょっと足りんかったんやな。ドラえもん上手でしょ?」
剛「全身バージョン(笑)昭和の時のドラえもんのニオイがあるね」
光「やっぱりね、大山のぶよさんだよね」
剛「うん、そうね」
光「イメージとしては。殺せんせーはちょっとわかりません」
剛「オレわかんないですね」
光「描けるかなシリーズでいくと、ミッキーとかも難しいんだよね、意外と。スヌーピー描いて、スヌーピー。剛くん・・あ、パーマン」
剛「あ~・・パーマン、全然パーマンじゃないなあ」
光「いやでもパーマンってわかるもん」
剛「わかる?」
光「うん。スヌーピー描こ、スヌーピー・・・・スヌーピー・・」
剛「いや、スヌーピー・・ちょっとざっくりしすぎててオレわからへん」
光「そやろ?・・・意外と・・」
剛「あ~、なんかスヌーピーじゃないな、これ・・・普通の犬」
光「ふふふふふふ(笑)」
剛「は~~~、難しい・・・あ、そっか・・」
光「オレのスヌーピー、ひどい(笑)」
剛「なんやねん、それ!」
光「普通の犬・・これな、見えるラジオやったらおもろいのにな・・・え?意外と近いじゃん」
剛「いや遠い遠い遠い、オマエ遠いよ、オレの方がまだ近いわ」
光「ああ・・・・」
剛「スヌーピーは1回ここに口がこう入ったらいいのか・・」
光「意外と剛くんも普通の犬ですね」
剛「これ最初に描いたやつやから・・すごい普通の犬」
光「オレも意外と上手やと思うねんけど・・・ほら」
剛「オマエ犬やから、だから。4本足やん、まず、4足歩行してるやん、2足歩行やからスヌーピーは・・」
光「難しいですね・・」
剛「スヌーピー難しいね、意外と」
光「難しいですね。はい、次いきましょう」

なんて楽しそうなんですか、39歳のオッサン2人がw放課後の中学生みたいなノリでしたよ!!(爆)

剛「さあ、えーーーっと、茨木のならこさんで『番組の企画で嵐の大野君が小型船舶の免許2級にチャレンジするそうです。沢山の資格にチャレンジしていた光一さん、そして剛さんはもし今何か時間があってチャレンジするとしたらどんな資格にチャレンジしたいですか。何か欲しい資格ありますか!』ありません!」
光「特にないなぁ~。今、小型船舶、昔は4級まであったよね。で、あの・・要するにジェットスキーと言われる水上バイク、アレは4級とってれば乗れたんだけど今もう別になっちゃったんだよね。そう。で、昔取ってた人は関係なく乗れるんだけど、今は別にとらないといけないっていうね。で、今1級と2級しかなくて、大野君2級・・」
剛「うん・・資格なあ、興味ないなあ」
光「まあ、普通免許?・・・ぐらいですか?」
剛「あ、僕ですか?」
光「はい」
剛「僕普通免許と、あとアレですね、ガーデニングの免許持ってますね」
光「えっ?!なにそれ」
剛「ウソですウソです」
光「ウソかい!!なんや今、みんなたぶん信用したよ。持っててもおかしくなさそうやもんね」
剛「ウソですウソです。そんなんとりにいかへんから」
光「あ、そう」

いやいや、信用した光一さんが愛しいわ(笑)みんな気づくってばw



剛「続きまして千葉県のシュークリームは飲み物さんですね。いいですね、いい響きですね『先日テレビでチンチンポテトという冷凍食品が紹介され、キンキのお二人を思い浮かべていました』」
光「なんで?」
剛「『調べてみると1988年頃に光GENJIがCMをしていて、メンバーが思いっきりレンジでチンする、チンチンポテトと連呼していました。お二人はチンチンポテト覚えていますか。また好きな冷凍食品とかありますか』これ、チンチンポテトオレ結構食べた記憶あるねんな」
光「チンチンポテト、歌まで覚えてるわ」
剛「♪レンジでチンする~」←エコーかかったw
光「♪チンチンポテト~」
剛「♪チンチンポテト~」
光「ね、覚えてる覚えてる」
剛「♪チンチンポテト、マイクロマジック~~ って歌です」
光「そうそうそうそう、覚えてるわ」
剛「レンジでチンするチンチンポテト!!・・言うてましたね」
光「うん・・ものっすごい舌っ足らずでしたね」
剛「んふふふ(笑)すごいね、舌が届かなかったですね、なんか」
光「いや、まあね・・」
剛「好きな冷凍食品、意外とオレアレ好きですよ、アルミの・・・うどん」
光「アルミの?・・・・あぁ~!」
剛「鍋かけて、そのままぐつぐつぐつ、高校の時よお食べましたわ」
光「でもあの、うどんも、ほら水さらすだけで食べられるやつとかもあるやん、冷凍から」
剛「うんうん」
光「美味しいよね、ああいうのもね」
剛「すごいよね、冷凍食品ほんとにすごいなと思う。ピラフとかさ」
光「美味しいよね」
剛「あの辺うまいよね」

そんなに清々しく「チンチンポテト」連呼していいもんなの?(笑)そんなの売ってたっけ?記憶にないわ・・・


剛「静岡県ぷーまるこさんが『先日仕事場でつけているテレビのローカル番組でおっぱいタオルという商品が紹介されていて、仕事中だったのでなぜ紹介されたのか、どんな商品なのかわからず、思わず二度寝・・・して・・』え?二度見やんな、これ」
光「二度見やろうな、たぶんなあ」
剛「思わず二度寝するってすごいよな『思わず二度見してしまいました。おっぱいが大好きな光一さんへの次の誕生日プレゼントにいかがでしょうか』」
光「いや、オレおっぱい全然好きじゃないから、好きじゃないって言ったら語弊があるけど、全くオレそんな、全然ですから」
剛「なにこれ?タオル地のブラジャーのようなもの・・・ああ、夏場にね」
光「へぇ~~」
剛「これはでもさあ」
光「おっぱい大きい人用でしょ、これ・・この下の」
剛「確かに・・アンダーって言えばいいのかな、が、少ない人は、プリ~~ン!ってなっちゃうってことでしょ」
光「引っかかりがないもんね」
剛「うん・・すっ・・ていっちゃうってことでしょ」
光「乗るぐらい、ないとアカンってことやんな」
剛「なるほど」
光「うん・・」
剛「こっちの方が汗かかへんのかな、生地を巻き込んで」
光「まあ、吸ってくれるから・・・っていう」
剛「うん・・・・なるほどね、こんなんもあるのね。いつかでも、あの・・おちんちんタオルみたいなの出てこないですかね」
光「ねえ、ここ・・首からかけてさ、ここ・・・このきん●から持ち上げる感じで(笑)」
剛「包み込んで」
光「まあ、ちょっと変態仮面的な、ねえ、それは私のちまきだ、みたいな」
剛「夏場は・・やっぱ汗ばむじゃないですか、男性も。オチンチンタオルいいかもしれないですよね。ラクで、なんか、洗濯とかもラクそうじゃない、オチンチンタオル」
光「まあ、それも・・それなりの重量、重量感がないと、プリ~ンっていってまう(笑)ふはははははは(笑)」
剛「いや、そんな!!それはないんじゃないですか、そのやっぱり袋を巻き込みながらいけばいいわけですから」
光「そうね、だからその袋の重量感がそれなりにないと」
剛「うん・・・」
光「うん・・」
剛「まあ、販売されてきてなかったということは、あんまりやっぱアレなのかな」
光「需要がないってことでしょうねえ」
剛「ないのかな。ちょっとでも期待してみたいもんですけどね。はい、ということでなんでも来いやのフツオタ美人でした」

チンチンポテトはいいけど、キン●マはダメなんですね?久々にピー音入りましたよ(笑)

【今日のポイント その2】
ツッコミどころ多すぎて、小分けにしてみました(笑)なんなんこの人達!!(爆)



《報告します》
光「はい 報告します。みなさんからの報告を受けるコーナーです。群馬県ちゃぼまりさん『先日寝る前にダンナさんと2人でジグソーパズルをしながらどんなもんヤ!を聞いていました。番組が終わった直後のダンナさんの一言が、え?終わり?なんだこのグズグズなラジオは、でした。ちょうど2人の回で私は充分楽しんでいたのですが、初耳のダンナさんには衝撃的な番組だったようです。以上報告でした』」
剛「なるほど」
光「え?どんなグズグズな回やったんやろ」
剛「ね、何しゃべってたんやろ」
光「今日のその・・ね、おっぱいタオルとか、キン●持ち上げるとか、夫婦で聞いててどう思うんやろな(笑)」
剛「まあ、ノイズでしかないでしょうね」
光「ふははははは(笑)ノイズでしかない(笑)ノイズでしかないラジオ、ひどいね(笑)」
剛「うん・・」
光「ヒドイ」

光「え~、長野県うみさん『飲食メーカーのカゴメが調査したところ子供の嫌い野菜ナンバーワンに選ばれたのはナスなんだそうです』お!オレと一緒や」
剛「ふぅ~ん」
光「『理由はあく、ぐにゃっとする食感、皮が口に残るの3点でした。克服するためのレシピとして天ぷら、揚げ浸し、グリルなどが紹介されていましたが光一さんは相変わらずナス嫌いなままですか?』基本嫌いですね。串揚げにすると、まあ、好きかな」
剛「グリルはやっぱナスしちゃダメですよね。そうすると水分出てきて焼けんねんけど、ぐじゅぐじゅになってて、冷めんのめっちゃ早いやん」
光「あ、そう?」
剛「最初なんか、うまそ~ってなんねんけど、他のヤツとかと食べながら食べてたら、うわもう冷めてるやんって感じやから、ナスはやっぱり・・」
光「串揚げのナスは、なかなかの凶器よ」
剛「あれは危ない。アレほんま気ぃつけへんかったら、アレ・・」
光「ベロッベロになるからね、裏・・」
剛「アレはホントに危ない。だからまあ、天ぷらか、煮浸しみたいなんとか、お味噌汁に入れるとかっていうのんとかは、いいかなと思うけどね」
光「まあでも・・オレと似たような人が」
剛「1位なんですね」
光「要するにオレ子供やいうことですね。アクひどいやん、アク。なんか」
剛「まあね、アクっぽいやつは、ほんとアクっぽいよね」

光「神奈川県みかねさん18歳『先日授業でバイクのエンジンを分解して組み立て直す実習をしました』いい~ね、楽しそう!『分解と破壊の違いというのを実感し、ブレーキやギヤチェンジなど色々仕組みがわかって楽しかったです。男子が機械にハマる気持ちが少しわかった気がします』」
剛「ふぅ~ん、女子なのに珍しいですね」
光「ねえ。まあ、ブレーキ、ディスクとキャリパーをこう挟んでとかね。バイクのギヤってどういうアレになってるんだろうなあ、ちょっと車じゃないからちょっとわかんないですけど。でも楽しい授業ですね、こういうのはね」

光「はい、愛媛県あかあおきいろさん『今年の4月から消防士になりました』」
剛「あ、すごい」
光「『私の中では初の女性消防士です。訓練頑張ります』」
剛「ほぉ~~」
光「『私の市では』ね、ごめんなさい『私の市では初の女性消防士です。訓練頑張ります。4月から10月までは消防署の寮での生活で、どんなもんヤ!が聞けなくなるのですが、父は毎週聞いてるので父に内容を報告してもらいます』」
剛「んふふふふ(笑)お父さん聞いてんの?!お父さんが、おっぱいタオルが出たらしいぞ~っていう、ことを・・」
光「キンキの2人が、キン●タオルもいいんじゃないかって言ってたぞ・・っていう」
剛「これ身になる?」
光「ならんな・・」
剛「消防士の、一生懸命寮でやってて」
光「なあ?厳しい訓練があるでしょう」
剛「すーごい厳しい訓練、消防士なんて。大変やねんから。ノイズでしかないわ、こんなラジオ」
光「ふはははは(笑)また。またや」
剛「さまたげるよ、この訓練をね」
光「またや・・」
剛「うん・・」
光「(インフォメーション)では、歌ですー、KinKi Kidsで月光どうぞ」

【今日のポイント その3】
いや、光一さん、キン●タオルじゃなくて、オチンチンタオルやから(笑)KinKi Kidsのグッズになりそうな勢いやわwww 


《今日の1曲》『月光』

《お別れショートポエム》

剛「お別れショートポエム。今週栃木県のもとやまからのポエムです『お手洗いの注意書きに、このトイレは便秘気味です。一度に沢山の紙を食べさせないでください。2,3回にわけていただくと便の通りがよくなります。と書いてあった。これ以上ないほどわかりやすく面白かった』」
光「ね、詰まりやすいっちゅーことでしょ」
剛「なんやったっけ?もう・・もう一歩前へ・・」
光「あ、女性にはあんまりわからんアレかもしれへん」
剛「一歩前へ」
光「オマエのは」
剛「オマエのはそんなに大きくない、みたいなやつ」
光「そうそうそう。ね、なんでオレも知ってんねやろ」
剛「オマエのはやったかな。それはロケで行ったところのトイレでしょ」
光「あったっけ?オマエのモノはそんなに大きくない、みたいな。どうもすいません、って一歩前に出るよね」
剛「すって出るみたいな」
光「ふはははははは(笑)」
剛「そういうのんは、ちょっと新しいなあと思って読んでたんですよね、おもろいなあと思って」
光「お相手は堂本光一と」

剛「堂本剛でした。それでは引き続きレコメンでお楽しみ下さい」

【今日のポイント その4】
今週も一段とグズグズでノイジーでしたよ(爆)全国で聞けるようになってタイミングでこの内容って、ほんとすごいわwww

| 2人どんなもんヤ | 11:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018年4月16日(月)

光「はい!KinKi Kids堂本光一です。ま、今日は2人のね、2人でお送りする予定のKinKi Kidsなんですけども、KinKi Kidsどんなもんヤ!なんですけども。まあいま、あれ?堂本剛ですの声がないじゃないかと、お思いかと。ちょっとワタシ早めについてしまったのでね、早めにやっちゃおうよということで(笑)ふははは(笑)ええ、来ると思う、もうすぐ来ると思うのよ。ええ、今、もうすぐ来るよ、ねえ、剛くんの声を求めてるアナタ、待っててよ、もう来るから。楽しみに待っててほしいね。はい、そんな中でメールをご紹介したいと思います。大阪府のゆきぴめさん『お金持ちの財布を調べると長財布、使う前に札束を入れる。お札の向きを揃える、という結果があったそうです』はぁ~ん『でもそれを聞いたダウンタウンの松本さんはオレは財布を持たないと言っており、真の金持ちは財布を持たないのかと思いました。お二人は財布にこだわりみたいなものはありますか』な~~、ん~~、そんなこだわりはない・・けど。お札の向きを揃えるのはやってまうな。それは、あの、裏表もそうやし、上下もそうやし、それはやってしまいますね。ただ、オレは財布をもたないと、ダウンタウンの松本さんはおっしゃってるらしいですけど、僕も持たない日の方が多いですね、仕事に行くときは。それ、なんか仕事終わってちょっとどっか行こうかなとか、そういう時なんかは、財布持っていこうってなるけど、別に今日なんも予定ないしっていう時は財布持ちませんね。で、なんか必要になった時は、あの・・マネージャーに立て替えてもらう。だけど、どんな銀行よりも利子はいいと思うけど。ねえ?剛くんはたぶん、常に何かカバン持ってるよね。だから財布も、常に持ち歩いてる、そんな剛くん、まだ到着しないね。来ると思ったんだけどな、この話をしてる頃には。来ます来ます。もうすぐなので、みなさん、お待ち下さいよ。はい、KinKi Kidsどんなもんヤ!はじめます」

【今日のポイント その1】
2人どんなもんヤ!を先に始めるチンピラ斬新な光一さんw


《何でも来いやのフツオタ美人》
光「なんでも来いやのフツオタ美人 ここのね、文化放送のビル、あのエレベーターがなかなかね、来ない時来ないのよ、あの車・・つけて、あそこ。来ないときあるねー。たぶんそこでつかまってんちゃうかなぁ~。うん、もうすぐ来ると思いますよ。はい、普通のお便り、紹介します。兵庫県のかえさん『ブンブブーンで先日みそ汁を作っていましたね。光一さんは食に関しては冒険しない安定の味を好まれるようですが、お二人はいつか結婚して奥さんが珍しい料理やちょっと変わった凝ったメニューに挑戦するのは許せるタイプですか。男の人って私が思うに結局は普通の料理が好きなのかなと思ったりしますがどう思いますか』そうね、もうなんか定番でいい。そりゃなんか今日は特別な日やから、なんかちょ、今日はこんな風にがんばってみたんですけどっていう、それは気持ちはものすごく嬉しいよね。そういうのはすごくステキだなと思うし。でも普段からなんかこんなことに挑戦しました、あんなことに挑戦しました・・その気持ちはもちろん嬉しいけど、なん・・定番、定番もいいですけどぉ・・って言いたくなる、かもしれん。たぶん剛くんなんかは全て受け止める・・タイプの、子だとは思いますけども。うん・・

はい、大阪府コミッショナーまき『遅くなりましたがドラゴンボールZドッカンバトルのCM見ました。普通の黒い服に黄色いふわふわのカツラ、じわじわ来ました。お二人が何かにつけて言っていたドラゴンボールについに関わることが出来てよかったねと思いました。ドラゴンボールについては無知なので作品の魅力、キャラクター名などわかりやすく教えていただけるとうれしいです』ま、関わるっていうか、スーパーサイヤ人になれたからね。うん・・・・・おるやんけ、オマエ。おい!こら!!」

(バタン)

剛「いや、オラじゃなくて、先に始めてる方が、オラやからな」
光「こら!」
剛「どういうことやねん、始めてる人になんで怒られな・・」
光「おるやないか、そこに」
剛「はぁ~~・・っし、ねえ、ほんとにでもすごいですよねー!うん~」
光「普通に始まったな」
剛「ねー」
光「ドラゴンボールよ、ドラゴンボール。作品の魅力、誰がキャラクター一番好きですか」
剛「僕はネイルですねえ」
光「あぁ~~~っ、ネイルねぇ~~、かっこいい」
剛「うん、なんかやっぱあのドラゴンボールがちょっとこう」
光「盛りあがってる時代だもんね」
剛「そうそうそう。ほんでナメック星みたいな話になって、ナメック星に行ってギニュー特選隊出てきてみたいな中での」
2人「戦闘タイプのナメック星人」
剛「がいるっていって、ネイルが出たって、あれでネイルともフュージョンしたじゃないですか、マジュニアが。あの、マジュニアとネイルがフュージョンして、ビリビリビリってなってる、あのワンカット覚えてるんですよ」
光「勝てるーー!!勝てるぞーーー!!・・ね」
剛「うん。あれは・・」
光「オレは究極の力を手に入れたぁ~~!つってね、フリーザ変身してすぐやられるんですけど」
剛「んふふふふ(笑)悲しいですよね」
光「ふははははは(笑)」
剛「すごいよね、でも。ずっと書くっていう・(きゅーん)・・あ、すいません、屁出ました」
光「椅子・・」
剛「普通に」
光「すごいよね、ほんとに、愛される・・」
剛「愛される作品ですよ、だってカメハメ波大会が海外であるんですよ」
光「はあ・・」
剛「アレめっちゃおもろいよな。外国の人が、カ~~メ~~って言ってるやつ」
光「ふふふ(笑)」
剛「なんやねん、あの大会って・・海外こういうの大会にしちゃうんですねっていう。いいっすよね」
光「まあ、ね、そのCM・・」
剛「あれ、めっちゃ重かったですよね」
光「いや、大変やったよ」
剛「アレ結構首きたなっていう」
光「いや、君まだええやん」
剛「オレまだ時間短かったから」
光「うん・・オレ(笑)入ったやいなやつけて、撮影終了まで、ずっとアレやったからね」
剛「アレちょっとしんどかったなあ」
光「なんていうのかな、姿勢正しく出来ないです、上にもってかれちゃうから。だから常にずっとこう・・」
剛「前傾で」
光「前傾でね」
剛「二日酔いの人みたいになって」
光「なかなか大変でした」
剛「大変でしたわ」
光「スーパーサイヤ人になるのはやっぱ大変」
剛「大変やなっていう。マジュニアでいいですね」

光「はい、埼玉県ゆずさん『私は歯科助手をやっているのですが、患者さんの治療をするとき、歯に器具があたるなんとも言えないカチカチ音が好きすぎてそろそろ仕事に支障を来すのではと心配です』」
剛「んふふふ(笑)」
光「『お二人は好きな生活音とかありますか』」
剛「無駄にカチカチしてんちゃうの?患者さんに」
光「これなかなかのフェチですね。歯に器具が当たる感じって、ほら患者の我々からしたらイヤなやつじゃないですか」
剛「うん、そうですねー」
光「でも・・やっぱ歯科助手も天職でしょうね」
剛「だからその歯をきれいにするみたいなのとか、掃除するみたいなのに燃える人はいるでしょうね」
光「天職じゃないですか」
剛「好きな生活音って別にないな、オレ。ある?」
光「たまに、寝るときにね、癒しを求めてそれこそ528ヘルツとか、音をかけながら寝る・・寝たりするんですよ。たまにちょっと気分変えようかなみたいな感じの時に、川のせせらぎとかね」
剛「あ~、はいはいはい」
光「ああいうのかけながら寝ることあるんですけど、この人めっちゃおしっこ長いなあ~~・・・って思い始めると、もう終わりね」
剛「んふふふふふ(笑)」
光「ぜぇったい寝られへん」
剛「なんでそう思うん。川のせせらぎですよって向こうは・・」
光「いやもう、ずっとなんかちょろちょろちょろ・・」
剛「おしっこの音みたいでしょ?ってCDじゃないから」
光「そう・・なんか寝れない時って、色んな働くね、頭が。想像力が」
剛「なんっで・・なんで変わんのそれに。オレでもね、おしっこする夢見たわ、川の流れのやつ聞いて寝てたら」
光「ふはははは(笑)」
剛「おしっこする夢見てた。朝ぱって起きて、やばい!漏れてんちゃう?!と思ったら漏れてへんかった」
光「子供・・・」
剛「セーーーーフ!みたいな。なんでそんな夢見たんやろ思ったら、あ!川の音流しながら今日寝てたわ、みたいな」
光「それ、オマエ漏れてたら、ちょっと(笑)・・ちょっと問題ですからね」
剛「問題・・っていうか、まあ面白いですよね。実に面白い」
光「はい、以上なんでも来いやのフツオタ美人でした」


【今日のポイント その2】
「戦闘タイプのナメック星人」をユニゾンしちゃうところに萌え
スーパーサイヤ人はやっぱ修業が必要やねんな。
ちなみに、ネイルとしたのはフュージョンじゃなくて融合ですよね?(←どうでもいいw)



《これってアウトかな》
剛「これってアウトかな? さあ、長野県のななさん『私は親の黒髪に白髪を見つけるととりたくて仕方がなくなる。時間があれば毛抜きですぐ抜きます。お仕事中はお客さんの白髪チェックをしますし、長い白髪だと抜きたくて仕方なくなります。これってアウトでしょうか。お二人は白髪を見つけると抜きたくなるタイプですか』」
光「いや、なんとも思いませんね」
剛「僕は抜きたくないな、切りたいな。あっ!白髪!と思ったら切りたいですね」
光「人の?自分の?」
剛「自分の」
光「あ、自分のね」
剛「でも人のやつも、多いねー!の人は切りたくなる」
光「へぇ~~」
剛「楽しい・・切ってったら。あった!またあった!みたいな。宝探しみたいな・・ノリですけど」
光「じゃ、君ちょっとこの、長野県のななさんと同調してる部分あるんじゃないですか」
剛「ただこれ、アウトじゃないでしょう。白髪・・・ハスキー犬とかどうすんねやろな。黒いとこしか残らへん」
光「そやなーー」
剛「グレーのとこしか」
光「たぶんこういう人は、たぶんなんだろ、ほとんど全てが白髪やと燃えないんじゃない」
剛「お掃除・・細かいとこの掃除好きフェチの、また違うタイプな感じすんねんけどなあ」
光「黒髪の中にある白いのを抜くのがたまらんみたいな」
剛「うん・・で、抜いてる時の音とか、イタっていうリアクションがってわけじゃないもんね。うん、まあこれは、セーフですね」

剛「んーっと、埼玉県のりおさんですね『私の母は私が幼い頃からことあるごとに手を触ってきて、時には甘噛みします。母いわく、赤ちゃんの頃から続けてるから体温など健康状態がよくわかるそうで、特に寝ている時に噛むと寝付き度合いがよくわかる。そして驚きなことに祖父も同じような行動をとり、2人とも家の中だけでなく(笑)外でも私に手を触ったりしてきます。こんな我が母上、そして祖父はアウトでしょうか』」
光「まあ、寝付き度合いわかるっていうのは、単純にそれに対して反応するかしないかの(笑)アレなのかな(笑)」
剛「なんやねやろ、体温っていうか、これぐらいの暖かさやったら健康だとかっていう認識なんでしょうけど」
光「まあ、寝ると体温上がるからね」
剛「噛んでないなら、大丈夫な気するけどね、外で」
光「大人になってからも、ちょっとイヤだね、それはね」
剛「まあね~、アウトかどうかっていったら・・」
光「子供としては」
剛「どうかなああ」
光「まあでも、親とかさ、おじいちゃんとおばあちゃんからしたらさ」
剛「愛情やからなあ」
光「子供はいつまでたっても子供やから」
剛「子供やから。これはちょっと・・」
光「愛情ですね」
剛「うん、愛情、セーフですね」

剛「三重県のりんご、さんですね『主に野球部の部員の頭が好きな坊主フェチです。あのチクチクし頭の形がわかるフォルムが好き。触り心地としては、0.5ミリから0.7ミリがチクチク具合がベスト。夏場になると野球部の子の坊主頭を触りたくて仕方ありません。毎回我慢出来ずに仲の良い野球部の子たちに少しだけ触らせていただきます。まだ知らない人を触りに行っていないならアウトではないですよね』という、これもだから頭やからまだいいけども・・うん、これは難しい問題ですよ」
光「スポーツ・・・頭ね」
剛「ギリアウトじゃないですか、これ。やっぱりこの・・」
光「じゃ、付き合うのも坊主の方がいいんかな」
剛「やったら触りたい放題やからね」
光「どうなんやろ」
剛「うん、その坊主のやつを見たら、触りたい!・・触りたいって衝動はちょっとやっぱりね、なかなか・・・うん・・アウトの方向じゃないかなと言う風に思いますけどね。まあみなさん、頑張ってください」
光「でもいいよね、坊主の野球部、なんかスポーツ頑張ってる感じがあってね」
剛「(インフォメーション)じゃ、Secret Code 聞いてください」


【今日のポイント その3】
そうか・・白髪あるんだね。いや、ストレスによる白髪だよね、若白髪だよね・・まだ、そういう白髪じゃないよね(遠い目)

《今日の1曲》『Secret Code』

《お別れショートポエム》

光「お別れショートポエム。今週は愛知県のまろまろさんからのポエムです『私が車に乗った瞬間、不要な荷物を載せると燃費が悪くなりますと音声が流れ出した。遠回しにオマエ痩せろやと言われてるような気がした』へえ、そんな音声流れるの、車」
剛「すごいね」
光「不要な荷物を載せると燃費が悪くなります・・・へぇ~~~そんな車があるんだね」
剛「ねえ、確かに乗った瞬間やったら、私?」
光「お、オレが不要なんか?って思われちゃうよね」
剛「うん」
光「思っちゃうよね」
剛「そんな感じのタイミングだったんでしょうね。まあちょっとおもろいけどね」
光「そうですね。あっ、そう、今日剛くん、誕生日プレゼントですよ」
剛「あ、なんか来たぞ!」
光「4月10日」
剛「あ、なんか来たぞ」
光「4月10日にさ」
剛「うん」
光「2人で仕事するの、なかなかなかったじゃないですか。だから、渡す機会・・今年はね」
剛「金か?」
光「今年はやっぱり・・」
剛「お、金が来たぞ(笑)」
光「いやいや、違うよ~」
剛「ほら見て?」
光「ちょ・・ちゃんと見て、それ」
剛「3万円来た・・・あっ、これでケンタッキーを買えってこと?なんやねん」
光「ケンタッキー券です、それ」
剛「ありがとうねー」
光「ええ」
剛「これでケンタッキーを買うかはちょっとアレですけど」
光「いや、それはケンタッキーのみに使ってください」
剛「わかりました。吉田建さんにも、吉田ケンタッキー券もらったんですよ、あの・・」
光「あははははは(笑)マジで」
剛「いつやったっけな、お正月か、お年玉で、なんか・・ケンタッキーが、オレがよく食べてたから(笑)」
光「そう、そうそう。そうなんですよ」
剛「その割りには、ケンタッキーのCM来ないんですよ」
光「あの、ケンとタッキーがケンタッキーのCM(笑)」
剛「いっちゃったんで・・うん、ツヨッキーが全然CM来ないんですけど。ありがとうございます!次はこれで」
光「ええ、ケンタッキー券」
剛「3万円分ケンタッキー食らいますんでね」
光「思いっきり3万円分って言ってますけどね(笑)」
剛「いやいや、3万円分でしょ?」
光「はい・・」
剛「3万円分のケンタッキー食べますよ。ありがとうございます」
光「ケンタッキー券をね」
剛「いただきますね。はい」
光「今日はまあ、4月10日だったってことがバレてしまいましたね」
剛「そうですよ、今日4月10日なんですよ、今日」
光「ばれてしまいましたけど。はい、おめでとうございます」
剛「はい、アッコさん、さだまさしさん、ミッツ・マングローブさんね」
光「そうだね」
剛「そしてペリーさん、ほんとにおめでとうございます」
光「そのあたりの方々・・あ、ペリーも?」
剛「ペリーもです」
光「あ~、そうですか」
剛「お誕生日おめでとうございます」
光「ね、開国してくださいよー」
剛「開国出来たんですもんね。おめでとうございます」
光「おめでとうございます」
剛「ありがとうございます」
光「来週は頭から2人が揃ってますから」
剛「揃ってますよ~ええ、週の始まりの月曜日、そして来週も2人どんなもんヤ!お楽しみください。この時間のお相手はKinKi Kids堂本剛と」
光「堂本光一でした。引き続きレコメンでお楽しみ下さい」


【今日のポイント その4】
誕生日プレゼントを当日渡す瞬間をオンエアしたのは初めてじゃないですか?!しかもそのプレゼントが現金っていう(大爆)めっちゃリアル。それ、夫婦がやるやつやんwwwこれでケンタッキー食べ、言うて。どんだけ食べてたんですか、剛さん(笑)
なにはともあれ、おめでとうございます

| 2人どんなもんヤ | 11:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018年4月9日(月)

剛「どうも、堂本剛です。えー、もう日付が変わってるんですね。だから、4月10日をもってね、ワタクシ堂本剛、え~、そして、ミッツ・マングローブさんもですけどね、和田アキ子さんもそうですが、ペリー、そしてさだまさしさん、色々な方々がね、今、年を重ねられたという状況でございます。39歳という事でございまして、30代最後、30代最初の、これまずどんなもんヤ!でございますから。ちょっと大人っぽくいってみたいなという・・・ふうに思っております。まずはぁ~、あ~~・・東京都のね、あかやめさんです『最近ね、初対面の方とお会いする機会が多くて、必ずと言っていいほど年上の方からピチピチだね、若いね、大学生?と聞かれます。私は中学生ですと返すんですが、え?中学生?すごい若いねと驚かれます。その時のリアクションの返し方がどうにもわかりません。ありがとうございますでいいんでしょうか』なるほどね・・これはもう・・めんどくさいおっさんとの絡みじゃないですかね、これね。まずその、ピチピチだねという、ワードですけども(笑)若々しいその・・女性に対しての見方がちょっとなんていうんですかね、年齢で見てますね、なんか。

まあ・・・ありがとうございますでもいいけど、あ、よく大学生?って言われるんですよねが一番めんどくさいキャッチボールないんでしょうね。うん・・中じゃなくて、大だと思ったよ~、大・・大かと思ってたよ~、たぶんそういうことの・・・いやもう中なんです、こういうなんやろ、キャッチボール、めんどくさいよね。ちょっとこの、若い子にちょっかい出したいだけでしょ、みたいな感じがなんかめんどくさいですね。大人ならば、うん、なんかこう人として向きあえばいいねんけどな。結局やっぱりオレは何歳で、オマエ何歳みたいな感じの人多いもんね。これあの、異性じゃなくても、なんか多いやん。オマエら若いからもっと食えよ、みたいな。ワードとか。そういうのキライやねんな、若くても食べへん子は食べへんし。なんで若い子は食べるやねん、みたいな。食え食えみたいな。オレが今日はご馳走したるから。ご馳走してるオレ、カッコイイ。みたいな。知らんわ!みたいな。まあめんどくさい時は、はい、そうです!言うといたらええんちゃう。はぁい、つって。若いねえ、大学生?大の方~?って言われたら、はい!そうです!・・それで終わるから。どこの大学?・・ああ、別にそんな言うほどの大学じゃないです。失礼しまーすとか。うん、じゃ、本題にはいりましょか、みたいな感じで。うん・・ね、もう一度言っておきますけど、そんな僕も39ですから。ね、はい、今後ともよろしくお願いもうしあげます。それではどんなもんヤ!はじめます」

【今日のポイント その1】
剛さんの”大人っぽい”っていうのは、校長先生でしたけども(笑)2行くらいで力尽きてましたねw

《何でも来いやのフツオタ美人》
剛「なんでも来いやのフツオタ美人 えー、鹿児島県のとらさんですね『先日テレビを見ていたら、ドバイでは100年後に火星に移住するためのプロジェクトを国で立ち上げると。で、火星に行くより宇宙ステーションで生活する方が現実的な気がするが、剛さんはこの計画に興味ありますか。火星に行ったら何がしてみたいですか』まあ・・危ない危ない。今、まずって言いそうになった。危ない危ないな。うん・・これはでも、100年後でしょ?国ごと行くってこと?火星に。100年後やったら遅いでしょ。だって、今アメリカでもなんでも、すぐやろうとしてるやん、有人飛行。で、まあ、そこでどんなことが起きるか、どんな不具合があるか、みたいな話で。先に、先住民族みたいな感じで先に行くわけですよ。でももう、憶測ですけど、僕の。いるやん、絶対・・・・絶対いるやん、なんかしか。もう、地球から見えへん裏っかわの方にいたりとか、うじゃうじゃいると思うねん、なんかもう(ス「火星人?」)うん。で、向こう着いて、契約書書かされるんです、なんか、変な。公言すんなよ、みたいな。オレらの存在をみたいな。えぇ?!みたいな。書けよ、とりあえず・・・めっちゃ虫みたいなやつが、書けよ言うてくるやん!みたいな。書けよ、だからとりあえず・・みたいな。んで書いてみたいな。絶対言うなよ、みたいな。インスタとかあげんなよ。あ、はい、わかりました。絶対施設内のコレ撮らないでください、みたいな。NO PHOTO ね。貼り紙はってあって(笑)バツみたいな(笑)もう各国の言葉で貼ってあって。うん・・めっちゃ昆虫みたいなやつに、めっちゃ言われて。うん・・みたいなオレは話やと思うから。いや、オレは特に興味ないけどなあ。

というよりも、この地球が、あの・・・いつかほんとに使い捨てコンタクトレンズのように捨てられる日が来るんだろうなという気はしますよね。だから、あの・・この地球がやがて我々のふるさとになるっていう、時も来ると思うんですけど。変な話すると、元々火星が僕らの故郷であったとするならばと考えると、一時地球に避難するわけですが、今だから避難時期ですよね。もう一度火星を立て直した状況でもう一度故郷に戻るみたいな。みたいな話やったりとかすると、ちょっとおもろいなあと思ったりしますけどね。うん・・なんか、だってそうなんちゃうの?みたいな痕跡は地球に結構残ってますけどね。うん・・たぶんいるよ、なんか。火星系男子が。うん・・火星系女子。ちょっとだけ、耳シュッとなってるとか。うん・・火星系ヒューマンがね、絶対いますよ。マーズヒューマンが。地球にはだから、もうそろそろ派遣されてると思う。ちょ、地球1回出張で行ってきてみたいな。わかりました・・地球出張や~・・みたいな感じでね。んー、もういいの?あ、そうなんや?火星の話で終わったやん。

ちょ、これだけ言っといてあげようよ、みさこさん、神奈川県の『嵐の相葉ちゃんが露天風呂で湯船に浸かって外を眺めるスタッフさんを見つけ、後ろからこっそり近づいてカンチョーしたら、振り向いてみたら全く知らない人だったというエピソード。今でもイタズラすることありますか』って。なるほどね。相葉ちゃんも、これはちょっと、誰?ってことでしょ、お互いに。なんなん?誰?なんなん?みたいな。うん、これちょっと気まずいですね。うん・・オレは基本的にイタズラするみたいなのがないから、根本的に。で、寮生活してた時もだいたい周りとか、隣の人がイタズラ好きやから、それに便乗してたくらいですかね。今イタズラするとかないもんな。うん、ご飯食べてて、2分だけちょっとアゴ出すとか、で、誰が気づくかみたいな(笑)うん、あれ?ちょっと待って、アゴ出てる!って誰かが言うと、その人正解なんですよね、その人。それぐらいですからね(笑)僕やってんの。誰も傷つけない、うん・・僕のちょっとの変化ですから。鼻をちょっとだけ大きくふくらませて、3分くらい過ごしてると、アレ、ちょっと鼻大きくない?みたいなるっていう(笑)ああ、気づいた!みたいな。いつもオレのこと見てくれてるってことね、ありがとうっていう。ほんまおおきに、ご苦労さん言うて。ありがとう、いうて。それぐらいしか、ちょっと僕しないですよね。さ、ということでなんでも来いやのフツオタ美人でした」

【今日のポイント その2】
剛さんが火星コントを繰り広げすぎて、時間がなくなったくだりが一番面白かったですwww

《剛のフィッシング天国》
剛「続きまして 剛のフィッシング天国 さあ、秋田県のじゃっぱさんなんですけど『地元は海が近いから魚の市場があって、先日母がそこからこぶりなサメをまるまる1匹買ってきた。さばくと中には卵も入っていて、サメは時々食べますが卵は初めて見ました。身と卵を煮付けにして食べました。脂ものっていてしっとりして美味しかったです。こんな感じでうちでは時々サメを食べますが東京や奈良でもサメを食べますか?』食べませんよ。いや、奈良はだって和歌山とかの方まで行かんと海ないですから。どっちかというと川魚の方がとれるんですけど、奈良ではね。だからといって川魚をめっちゃ食べたかというと食べてるわけでもないですからね、うん・・いや、これは・・時々サメってことでしょ。ハンバーグ、カレー、サメ、スパゲティ、サメ、サメ、親子丼、サメみたいな。時々食べるなあってことでしょ?でも食べてみたいよね、1回なんか。うん・・あの、ガーパイクとか、エンドリも食べてみたいし、ピラルクとかアロワナとかあの辺の、淡水魚、どんな味すんのかなみたいな。ちょっと食べてみたいなとは思うけどね。現地の人は食べてるもんね。いや、すごいな。

えっとね、ラジオネームゆりちゃんがさ『菅田将暉くんがさ、魚の苦いところをニガニガと呼ぶって話してて、これは関西だけ?それともオレの家族だけ?って気にしてた』っていうメールが来たんですけど、うん、たぶん菅田くんの家族だけやね。うん、これすぐ終わる話やなと思って、ちょっと言っといてあげよと思って。うん、菅田くんに会う時が、あるかわからへんけど、会う時あったら、ニガニガはオマエんとこの家だけやでってそれだけは言うといてあげよかな、うん・・なるほどね。なんて言ってた、普通に苦いとこ、みたいなことかな?ニガニガって言ってたらしいですね。うん、今度ちょっと会うときがあったら、オマエんとこの家族だけやでって。それちゃんとね、目を見て伝えてあげたいなと思います(インフォメーション)さ、お知らせでございますけれども、昨年出演させていただきましたMTV Unplugged、DVDとブルーレイ、MTV Unplugged KinKi Kids・・ね、並べただけですね、を、明後日ですね、4月の11日にリリースします。ご興味ある方是非チェックしてください。それではMTV Unpluggedでこの曲をアンプラグドアレンジで披露させていただきました、聞いて頂きます、オリジナルバージョンですが、愛されるより愛したいです、どうぞ」

【今日のポイント その3】
脳内で、高杉が新八に向かって低音で「ニガニガはオマエんとこの家だけやで」と言ってるシーンが繰り広げられてますっ!!

インフォメーションでちょっと噛みかけたので、メールアドレスが若干ラッパーっぽくなってました( ´艸`)

《今日の1曲》『愛されるより愛したい』

《お別れショートポエム》

剛「お別れショートポエム。今週はですね、宮城県のこじろうさんです『求人情報を見ていたら、占い師募集というものがあった。そこにはこれから占い師を目指している方も大歓迎とある。あれ?まだ占い師じゃない人はただの人ですよね』すっごいですね、占い師って募集するんですね。たぶん、占星術だなんだこうだああだ、字画のなんだこうだで、一応指導は受けるんでしょうけどね。占い師の方の館とか、そういうところでちょっとバイトで、あのお手伝いしてるんですやったらまだわかるけど、私全然わかんないんでとか、オレ全然わからないんですよねやったらわかるんですけど、占い師になるわけですからね、すごいよね。あなたが最近・・アレですかね、ちょっと体調・・あ、体調はね、体調はそうですよね、あの、いいですよね、体調が・・いいんですけれども、ちょっとお金の部分で、まあ・・そうですよね、給料もあがりましたよね、そうですよねー、上がりましたからー、みたいな。大丈夫か、こいつ(笑)っていう。コント?っていうような状況が起きる可能性がありますけどもね。うん・・占いもね、常日頃の生き方によって、色んなモノ変わってきますからね。うん・・自分自身を持って、普通に平和に生きるっていうのが一番いいと思いますけどね、たまにサメ食べたりしてね、あの・・うん、過ごしたらいいんじゃないかなというふう思います。さあ、ということでお相手はKinKi Kids堂本剛でした。それでは引き続きレコメンでお楽しみ下さい」


【今日のポイント その4】
占い師の口調が、見事にGYAOだったので「剛が好き」・・・って言い出しそうでしたよw

| 剛どんなもんヤ | 10:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT